今年は『佐賀』散策! 2018年GWツーリングに行ってきました!(3)

4月30日(月) ツーリング4日目
本日は、GW期間中に開催されている「有田陶器市」へ。

最近、嫁さんは陶器の食器類にハマりまくり、栃木県の益子をはじめ、あちこちの陶器市に行き倒しており、今回の九州ツーリング目的の50%は、ここ佐賀に連なる名陶「有田焼」「伊万里焼」を中心とした陶器の里を巡る旅になりました。 

同時期に開催中の陶器市で混雑する波佐美町を抜け、やっと有田町にやってきました。


すでに陶器店が並ぶメインストリートは、すでに歩行者天国となり多くの観光客がいます。少し駅前から離れた小学校の臨時駐車場にバイクを停め、陶器市になだれ込みます。


とにかくメイン道路の左右に並ぶ露天やお店、そして高級陶器メーカー等、見たことがないほどの陶器類がいたる所で売られています。


そして、これまた見たことが無いほどの買い物客の数! もしかしたら秋葉原のホコ天より密度が高いかも?!


次々と食器を求めてお店に飛び込む嫁さん。こういう時は長時間歩いても疲れないようです・・・

有田駅から上有田駅まで片道2.8キロ、往復+αで約6キロのウォーキング大会。
安いものから3桁を軽く越える一品まで、まさに玉石混淆! だんだん頭と脚が麻痺してきます(笑)


とはいえ、幕末から高級陶器を製造・輸出していた「香蘭社」や「深川製磁」など、眼福に預かれるような綺麗な製品(と値札)を見るのは、とても楽しいものです。


陶器市の歩行者の中、一番東側の上有田駅近くで、少し面白い店舗を構えているのが「丸兄商社」。
中に入ると、安いワゴンセール物から、一部屋に5億円相当の珍品を並べた部屋まで、まるでビックリハウスのような楽しいお店です。 ここでもし震度5以上の地震でも起こったら・・・と、想像するだけでブルブルしてしまいます(笑)


ここも有田の名所「トンバイ塀のある裏通り」。
登り窯で使った耐火レンガや、要らなくなった陶片を使って造られた塀が、静かな裏通りに続きます。

裏通りには、いくつものお洒落カフェが並び、いい雰囲気です。

嫁さんが、あちこちで見つけた戦利品をパニアに詰めて、本日も再び嬉野温泉へと戻ります。


・・・が、GW混雑で同じホテルの連泊が無理だったので、本日は「佐賀嬉野温泉 うれしの元湯」にお泊りです。 ここも昨日と同じ、湯上がりがしっとりとする気持ちのいい温泉で、一日歩き回ってパンパンになった足腰をゆっくりほぐせました(^^)


そして一番嬉しかったのが、ここの夕食。

今まで、けっこういろんな温泉宿に転がり込んでいますが、ここはその中でベスト3に入るくらい、食材の味と料理のアイディア、また盛り付けが素晴らしく、また泊まりたくなる宿です! 

明日は、もう一つ有名な佐賀の名窯「伊万里焼き」の里へ向かいます。
が、GW後半にかけて天候が崩れそうな天気予報。大丈夫かな・・・。

コメント