2016年!今年のGWは10連休!らしいので、西日本ツーリングに行ってきました!(2)

【5日目】

GWツーリング5日目。 昨日と打って変わって朝から快晴です! 
ドロドロになったバイクをさっと拭いてキレイにし、今日は山陰の小京都「津和野」を目指します。


青い菊ヶ浜の海と、緑の指月山の絶景コンビ。 綺麗です!

田んぼと山が続く長閑な11号線をを走り、9号線にて再び島根県に入り、津和野町に到着。 古い武家屋敷が立ち並び、古くはキリシタン弾圧の舞台ともなった歴史のある町です。


普段は静かな小さい町ですが、さすがゴールデンウィーク! あちこちに駐車場町の車列ができて、大混雑。バイクを停めて、まずは町並みを散策。


道沿いの水路には大きな鯉が泳いでいます♪

途中、「ポォーッ!」という大きな音が駅の方から聞こえ、急いで津和野駅へ。 遠くの車庫に、「SLやまぐち号」が黒い煙を上げて、転車台の上で回ってます!動いているSLって初めて見た!すげぇ~!


旅情溢れる津和野駅。


やまぐち号は遠すぎて無理だったので、駅前に展示してあるD51の運転席で敬礼(笑)

津和野の観光を終え、187号線を南下し、中国道六日市ICで高速に。
そこから広島北JCT経由で山陽道を東へ走り、今日の宿泊地 オイラの実家のある福山東ICに走ります。

今日から2日間、オイラの実家に連泊です! ここで宿代と晩飯代を浮かすつもり満々(笑)
明日は、実家を足掛かりにして、瀬戸内日帰りツーリング敢行です!



【6日目】


昨晩は、弟家族と共に、久し振りの晩ご飯を楽しみ、津和野で買ってきた日本酒を痛飲。
すっかりリラックスした本日は、パニアケースの重い荷物を下ろして、四国へと日帰りツーリングを楽しみます。


岡山と香川を繋ぐ、瀬戸大橋。 いつ見ても、巨大です!

実家から福山東ICで山陽道に入り、そのまま瀬戸大橋を渡ります。
途中、瀬戸内海に浮かぶ与島のPA「フィッシャーマンズワーフ」に立ち寄り、巨大な橋桁を遥かに望みます。

今日の目的地第1弾は、香川県(うどん県)琴平にある名所「金毘羅さん」へお参りです。


うどん県!

香川に来たとなれば、讃岐うどんを食べない訳にはいきません!まずは腹ごしらえに、319号線沿いにある店「灸まんうどん」に突撃です!


やはり、うどんと言えば讃岐うどん、でしょう~!

シコシコの噛みごたえのあるうどんを満喫し、つづいて金毘羅さんの激階段で腹ごなしです。

金刀比羅宮(通称=金毘羅さん)は、琴平町にある象頭山に建つ神社で、瀬戸内に住む人なら一度は詣でる(であろう)名所です。


参道は、たくさんのお土産屋とうどん屋で大賑わい!


参道で見つけた巨大日本酒に、大はしゃぎ♪


なんといっても、ここには、一番山奥にある奥社まで1,368段続く石段が有名で、このツーリングで飲み食いの過ぎた自分たちが、戒めを込めて登るに最高の神社なのです(T_T)

首を45度以上も曲げないと先が見えない階段に、奥さんは登る前から終了モード・・・。 まるで牛を押すように、二人で登ります。 


文字通り、蒼色吐息の奥様・・・ まだ、そこは本宮じゃないよ(T_T)


途中、何度も挫折しかける奥さんを引っ張りつつ、なんとか本宮まで到着!


まーるい形をした、讃岐富士がよく見えます。

しかし、まだここは785段目。この奥に、さらに山道を奥社まで登ると、総段数1,368段を制覇なんですが、さすがにここで限界オーラを奥さんが発散してるので、本日のお参りはここまで(笑)

金毘羅宮に来たお土産に、「幸福の黄色いお守り」を授かり、ちょっと嬉しい気持ちになりました。

オイラも、「狗(いぬ)に引かれて、金比羅参り」。 ワン!(笑)

帰りの下り道に、「こんぴら歌舞伎」として良くテレビで紹介される「旧金毘羅大芝居(通称=金丸座)」に寄ってみました。



ここは、1,835年(天保6年)に建てられた、現存する中で最古の芝居小屋です。現在は移築され、参道から少し離れた所に、大きな駐車場と共に設営され、いまでも年に数回興行が行われている現役の小屋です。


小さいながらも、華やかですね~!


花道や、枡席にも入ることが出来ます。


舞台下にある回転台。 これを人力で押して、舞台を回します。

花道や枡席、そして舞台や役者部屋、舞台地下にある回転台のし掛け等、仕事柄良く入る現在のステージと変わらない造りに、けっこう感動しました!


金毘羅さんを後にして、次に目指すのは少し離れた海側の観音市にある「銭形砂絵」です。


遠くの海岸に見える小さな人影と較べて、なんとデカイ砂絵!

ここは、1630年頃に地元の人達が、砂浜に巨大な寛永通宝を描いて今も続く名所です。
近くの琴弾公園の山頂までバイクで上がると、砂絵がとても良く見えます! この砂絵を見ると「お金に不自由しない」との言い伝えもあるそうなので、しっかりと目に焼き付けておきます(笑)

ちなみに後から知ったのですが、砂絵を見るのは陽が上りきる1時くらいまでに見ると、陰影がハッキリして綺麗に見えるそうです。

ここまでで、すでに夕方3時半。

当初のイメージでは、この後に愛媛県今治まで走り、しまなみ海道から尾道に渡って帰るつもりでしたが、どう考えて4時間以上は掛かりそうなので今日はここで引き返し、実家にもどることに。

なかなかこの辺りを走れる機会は少ないので残念ですが、まぁまた次に来るときの楽しみも残しておくのも良いかな?と。

無事に、再び瀬戸大橋を渡り、5時過ぎに無事帰宅しました! 明日は、一気に東日本に移動です。



【7日目】


今日で西日本周遊は終わり。帰路につきます。

一気に東京までは戻らず、広島から山陽道~中国道で大阪へ向かい、そこから北陸道で琵琶湖をグルっと回って日本海へ。 目的地は、石川県の片山津温泉!そこでGWツーリング最後の宿を取ります。

行程約467キロ。 そんなに遠くはないと思って組んだのですが、ここでまさかの朝から雨天。再びカッパを着込んで高速を走り続けます。


初夏のような天候だったGWですが、この日は気温15度以下となり、寒さに震えながらメーターを稼ぐ旅となります。


来るときは快晴だった大津SA。 琵琶湖も雨でよく見えません・・・。

途中、高速道路の各所で、熊本地震の救援から復隊する陸自の車両部隊と並走しました。中には北海道方面の部隊も多数走っており、本当に「お疲れ様でした!」と思いました。

一日中雨の中を走り、今日の宿、片山津温泉「加賀観光ホテル」に着いたのは夕方4時頃。

着いた頃には雨雲も抜け、カッパを脱ぐことができました。

金沢の奥座敷、と言われるこの片山津温泉には初めて来ました。温泉街の横には、柴山潟という大きな潟湖(せきこ)が広がっています。

このホテルには、20種類以上のバリエーションのお風呂があり、半分プールで遊んでいるような感じで楽しめます。もちろん、お湯はとてもいいです!

ここで、1週間に亘ったツーリングの疲れを落とします。


今日は雨で写真が少ないので、料理をパチリ。




【8日目】


長かったGWツーリングも、今日が最終日。
一路、東京を目指し、北陸道から上越市を抜け、上信越道を長野、軽井沢と抜けて関越道を走ります。
日本海側はまだ雨がパラつくのと、妙高越に備えてカッパを着たまま。でも上信越に入る頃には気温もグンと上がり、青空が戻ってきました。



やっぱり、バイクは晴れの日が一番!

心配していたGW後半の渋滞にも全く引っかからず、無事に東京の自宅に帰ってきました!

今回のツーリングは総走行距離 2,547キロ。
出発直前に前後タイヤを交換しましたが、もうこんなに使ってしまった・・・(笑)


今回の旅のお土産は、萩焼の茶碗。 大事に使います。

途中予定外の天気にも遭いましたが、西日本方面へは普段気軽には行けないので、二人で楽しい旅ができました。・・・今度は、四国一周かな?

コメント