3年振り!心の故郷・東北へ、ロングツーリングに行ってきました(後編)

【4日目】
ついに、東北ツーリングも折り返し。
今日ワシントンホテルに連泊して、ここを起点に津軽半島をグルっと周遊してみます


青森市を出て、津軽半島の東側を南北に走る280号線(内真部蓬田バイパス)を北上し、ビュンと竜飛崎を目指します。

久し振りの竜飛崎。快晴なので景色もいいです!

 お約束の「津軽海峡冬景色」が流れる記念碑の周りには、他のツアラー達がたくさんいます。
この曲を聞くと、本州の果てに来たなぁ~と旅情溢れます(笑)


続いては、各バイク誌でもよく取り上げられる339号線(竜泊ライン)を気持ちよく快走~!
海を見ながらのツーリングは、まさにプライスレス!

※画像はSP360の動画より切り出し

しかし、これだけ走るとインカムを使えない、というのは痛いもんで、道端で見つけた面白いものや一瞬の景色を見つけても、お互いに伝え会えない…。今更ながらにインカムの有り難さをヒシヒシと感じます(T_T)


そろそろお昼なので、十三湖で名物しじみラーメンを堪能。あっさりして美味しいです。

食事後、一路次の観光地である五所川原市内を目指しますが、眼前に真っ黒で巨大な雨雲がモクモクと広がっていきます・・・ 降るなぁ~!!

続いて本日の観光ポイント、作家・太宰治の記念館 「斜陽館」に立ち寄ります。

正直、そんなに氏の作品は読んでいないのですが、なんとなく文豪の人生に触れた気・・・がします(笑) いずれ、ちゃんと読んでみないと…ね。

ここを観光している間に、上手く雨雲が去ってくれたおかげでなんとか雨にも濡れずにホテルに帰ってこれました!


さぁ、今夜も青森の美味いものを探して、夜の街に繰り出します! 駅前にある郷土料理飲み屋「鱒の介」の貝焼き、美味しいんですよね~。ご馳走様でした!

本日の走行距離  177キロ!

 【5日目】
何度来ても名残惜しい青森から、今日は秋田市を目指します
途中、五所川原市を抜けていく途中、急遽ルート変更して五能線の木造駅へ。

じゃーん!まさに「ナニコレ珍百景」!

お馴染み?遮光器土偶が発見された地元の駅として、駅舎全体にその土偶が張り付いています。
なんかこれで、町興しとか出来るといいんですけどね…


気を取り直して、101号線から鰺ヶ沢を抜け、今日のお楽しみスポット「不老ふ死温泉」に立ち寄ります。

ここの売りは、海の側に造られた露天風呂。

3年前にさんとツーリングで来た時は超悪天候で、露天風呂が波で水没して入浴できませんでしたが、今回は無事にリベンジ!


なかなか簡単に来ることが出来ないお風呂だけにその感動もひとしお。遠い水平線を眺めながらのんびり湯を楽しめました♪
 

あとは白神山地を背後に、ひたすら高速でメーターを稼ぎ、今日の宿泊地「ドーミーイン秋田」に到着! 

 比内鶏料理と日本酒を求めて、2人で繁華街でダイブ! 川反エリアで美味しい岩牡蠣や日本酒をを堪能出来ました~♪

本日の走行距離  233キロ!

【6日目】
昨夜は、短い秋田の夜を楽しみ、今日は日本海側をから、山形方面を目指して、周っていきます。

ホテルの前の終わりには、大きな蓮の花が咲き乱れています。

朝から天気が怪しい中、東北名山巡りとして秋田と山形に跨る「鳥海山」にアタックしてみることに。 日本海東北自動車道を使ってメーターを稼ぎ、鳥海山の麓までバイクを進めます。

しかし眼前には、上から2/3が雲にすっぽりと隠れた山体が…(T_T)


ここまで来たからには退けません。途中、熊が出てきそうな雲海の道を走って行き、登山口の駐車場に到着!


 まぁ、真っ白です(笑) これで、今回のツーリングでアタックした山はすべて天候不良でアウト!という、笑うしかない結果となりました。

 …が、これは「また来いよ!」という東北の神様のお誘いだな、と勝手に納得して、お山を後にします。

 山形道に入った頃から、かなりの豪雨エリアに突入となり、慌ててレインウェアを来て山間部を耐えること半日。 
やっとツアー最後の宿泊地 蔵王 青根温泉「山景の宿『流辿』」に到着~!


いつも蔵王方面に来る際はよく利用している温泉宿ですが、今年春頃から蔵王山の活動が強くなり、暫く来れていませんでした。 
まだここら辺りは全然安全だと思うので、風評に負けずに頑張って欲しいです!

馴染みの宿があるというのは、とても安心して寛げます。特にここは、優しいお湯と料理が好きで、長いツアーの疲れを和らげてくれます。

これで、長くも短い夏のツーリング、最後の夜です。


本日の走行距離  233キロ!

【7日目 最終日】
長かった旅も今日で終わり。 空も、晴れ晴れしてます。・・・今頃か?(笑)

 さぁ、ツーリングも遠足も、無事に家に帰るまでが大事です!
宿を遅めに立ち、東北道を約350キロ。
途中、絶妙なタイミングで集中豪雨を4回喰らいながらも、奥さんと笑いながら無事に東京まで走り切ることが出来ました。

途中、予定していた八幡平アスピーテラインを変更したので、当初の走行距離2,000キロに少しだけ及ばす、トータルで1,914キロの行程となりました。


ここでトドメというかオチというか、帰路の途中でずっと無事だった奥さんのSB5Xが不調となり、電源オンオフ、リセットも効かなくなりました。たぶん、本体に水が入った気がします。…防水なんですけどね(-_-;)

帰宅後、さっそく今までの経緯を書いて、メーカーに修理依頼を出しました。果たして…?
まぁ、色々とありましたが予定通りいかないのも旅の醍醐味。楽しい夏のツーリングになりました。


また、いくぞぉ~!東北。

コメント