3年振り!心の故郷・東北へ、ロングツーリングに行ってきました(前編)

今年も、大人の夏休みシーズン到来!ということで、結婚後、初めて嫁さんと東北6泊7日のロングツーリングに出掛けてきました。

オイラはR1200RT LC、嫁さんは昨年にF650GSから同じく乗り換えたF700GS(ローダウン仕様)で遠征です。


今年は、東北3名山である八甲田、岩木山、鳥海山を走ってみる!をメインテーマに、岩手~青森~秋田~宮城と時計逆回りでプランしてみました。
さらに、バイク用の新デジモノも2つ投入!

 サインハウス 新型Bluetoothインカム「B+COM SB5X」  

そして、コダックから発売された360度動画が取れるビデオカメラ「Kodak PIXPRO SP360」 

いろいろと設定して、慣れるのが大変そう!

【1日目】
お盆休みが始まった東北道の渋滞回避として、朝4時に自宅スタート!
  

 思いの外、車の量も少なくスルスルと走れて、朝7時には福島に突入。安達太良SAで、まずは朝ご飯食べて腹ごしらえ。 早朝ラーメンです!

さて、今回新しくなったインカム「SB5X」ですが、売りである「聴きトーク」機能(音楽系とトーク2系統の同時利用)は、ボリューム調製が細かく出来ないけど、会話がない時間なんとなく音楽が聞こえてくるのは、気晴らしにはグッド!

ただ前機種のSB4Xに比べ、どうも音声が潰れ気味で相手の声が聞き取りにくく、何度も聞き取り直すという状況で、ちょっと期待はずれなクオリティ・・・


また、ヘルメット(お互いジェットヘル)内の風の巻き込み音が、SB4Xでは「ボボォ、ボボボ」という篭った感じでしたが、SB5Xは感度が良すぎるのか「バリ、バリバリバリッ!」という、甲高いノイズ感ある音で、耳に負担があります。


うーん…(-_-;) まぁ、もう少し使い方を変えながら試してみましょう。

今回は東北地方の天気が落ち着かず、宮城を抜ける辺りでいきなり雨の洗礼が・・・

本日は、岩手県花巻にある「鉛温泉 藤三旅館」に宿泊するので、温泉をたっぷり楽しみたいので、「宮沢賢治記念館」などの施設を観光したあと、早めに宿に到着。


湯船で立つことが出来る深い温泉「白猿の湯」に浸かり、グッと昨日までの仕事疲れを抜きました~♪  (写真は宿公式HPより)

さてさて湯上り後、宿到着前あたりから「バリバリバリ!」と、走っても話してもないのにノイズが鳴りっ放しになってしまったSB5Xをもう一度確認開始。


充電量や本体のリセット、さらにBluetoothのリンク設定など色々と試してみると、どうも片方のフレキシブルマイクに欠陥があるらしく、本体に接続するとノイズが発生します…

「うーん、フレキシブル内部の接点とか上手く当たってないのか?」とか考えて、何度も何度も挿したり抜いたり・・・を繰り返した後、「あれ?ノイズが止まった!?」


 一瞬喜んだ後、冷静に見てみると、どうもマイク側のオス端子で本体のメス端子を押し込んで曲げてしまったらしく、マイク側の音声入力が出来なくなってしまいました…(T_T)

あぁ~、イジるの止めときゃ良かった…

なんと初使用1日目で双方向通話が不可能に。 
なので、以降のツーリングは…

嫁:マイクで発信 → オイラ:一方通行の受信のみで、YES・NO手信号で回答!というプロペラ戦闘機の会話のような状態で、これから一週間走り回るハメになりました…トホホ。


本日の走行距離  518キロ!

【2日目】
前日のインカム故障で下がったテンションを戻しつつ、今日は青森を目指します。


今日の第1ポイントは、八幡平アスピーテライン!だったのですが、眼前に広がるのは殆どが雲に覆われた山々…。 
やむをえず、プランを変更して一気に高速で十和田湖にワープします!


東北道 小坂ICを降りて、樹海ラインから十和田湖へ。天気も上々!絶景が広がります! 

さて、この辺りから、今回の新アイテム「コダック PIXPRO SP360」をテストしてみます。


いろいろとネットで取り付け方法を考えた挙句、まずはメットに固定用吸盤付きのマウントを取り付けて、録画してみました。 

 うーん、この姿、バカ殿ですね(笑) 撮影してみたレポートは、また後日アップします。

昼食後、続いての観光ポイント 「奥入瀬渓流」に到着!

いつ来ても、ここは風が涼しくて気持ち良くなります。九段の滝まで軽く歩いてみます。

一度、端から端まで歩いて渓流を散策してみたいのですが、往復で3時間強は厳しいので、いつかの楽しみとして、奥入瀬を後にします。


 徐々に日が傾く中、次の観光ポイントである「八甲田ロープウェー」に到着! 忙しい(T_T)

上に登るが間に合わないかと思いましたが、夏期期間は時間が延長されていたのでセーフ!
 

まずはロープウェーに乗って、山を上がっていきます。登頂駅付近は少し涼しく、秋の気配を感じる風が吹いています。

ここも、残念ながら天候が良くなく、遠くが霞んで見晴らせません。辛うじて、青森市内の街並みがうっすらと見える程です。また晴れた時に、改めて登ってみたいもんです。 

さぁ、本日の宿泊地、「酸ヶ湯温泉旅館」到着


いつも青森遠征時には立ち寄るのですが、日帰り入浴ばかりで、いつかは泊まってゆっくり入浴したい!と思っていたので、やっと念願が叶いました。

 
千人風呂で、独特のお湯を楽しみつつ、夜が更けていきます。(写真は宿公式HPより)

本日の走行距離  217キロ!

3日目】
朝からバッチリと晴天!今夜の宿泊地は、山を降りてすぐの青森市内ですが、今日はぐるっと時計回りに弘前市方面に走っていきます

黒石方面を抜けて、今日のメインポイントである岩木山を目指して走ります。

途中、今日の第1目標である田舎館村へ到着!

ここで、色々なニュースや雑誌で毎年紹介されている、あの田んぼアートを鑑賞です。

田んぼアートには第1会場と第2会場の2つがあり、それぞれ絵柄が違うのですが、本日は第1会場である田舎館村役場に向かいます。


田舎館村役場です。けっこう立派! 入場料を払って、エレベーターで上がります。

ジャジャーン!

今年の田んぼアートはこれだ!「風と共に去りぬ」

でも、なぜか文字は「青天の霹靂」。何故??
調べてみると、この田んぼにも作付けされているお米の優良銘柄らしい(笑)

 しかし、これだけのカラーバリエーションを綺麗に植えるのはスゴイ!横から見たら、何が描いてあるのかすら判らない! 今回は行ってませんが、第2会場は「スターウォーズ」だったようで。こっちも見たかったな~(^_^;)

すっかり観光気分も上がり、続くは東北の名山「岩木山」へ。


ここは、今年で開通50週年をむかえた「岩木山スカイライン」で、一気に9合目までバイクで登れるらしく、期待満々!


まずは麓にある岩木山神社に立ち寄り、道中の無事をお願いします。

さぁ、ここからはなんと69個ものカーブが続く九十九折のワインディングです。

しかし、登るにつれて雲が立ち込め、ついに視界不良に…。9合目の駐車場はすっかり雲の中です(涙) でもここまで来たなら!と、さらにリフトに乗って登山口まで進みます。

ここも9合目同様に曇ってますが、なんと奇跡的に最頂部まで見えるように雲が晴れた!
頂上まではちょっと登れませんが、その巌しい姿を観ることが出来ました。 山の神様に感謝!

さぁ、ここから一気に地上に下り(もう一回、69回コーナーを曲がった・・・ということです)、続く観光ポイントは、五所川原市にある「立佞武多の館」です。

一般によく知られる青森の横に大きな「ねぶた」と違い、狭い市街を引き回せうように、縦に20メートル近くも巨大になった「立ちねぷた」が、巨大な展示場の中で鑑賞できます。

ホントに巨大格納庫な感じで、たぶんモビルスーツのハンガーってこんな感じかな?(笑)

帰りがけ、会場の入口横に「ラブライブ!」ねぷたを発見!(笑)

 なんとか1日の行程を無事こなし、青森市内にある本日の宿「ワシントンホテル青森」に到着!

ここは、大型バイクもちゃんと駐輪させて貰えるので、青森遠征の定宿です。

さぁ、明日からは長い東北ツーリングも折り返しに突入! 市内で美味しい晩メシを食べて、明日からの英気を養います~。

本日の走行距離 142キロ!

コメント