GWは体育会系合宿? R1200RTで西日本周遊ツーリングに行ってきました!

久しぶりの書き込みです(^_^;)

昨年秋、R1200RT LCに乗り換えて、冬場の間もチョコチョコ走り回りながら、細かい箇所の調整をしつつ、気がつけば走行距離も4,800キロを越えました


4月末に奥多摩に行った時に、エンジンオイルの警告灯が点きました。
フラットツインはエンジンが落ち着くまでオイルの消費量も多いらしく、すぐにディーラーさんでオイル交換してもらいました。

さて、今年のゴールデンウィークは、嫁さんと一緒に初めて広島県の実家に帰る!というプランで、西日本周遊ツーリングを4泊5日で敢行しました!


今年は大型連休ということで、東名・中央道の渋滞を避けるため、敢えて大回りの日本海ルートを計画。

朝4時半に、都内をRTと、同じく去年に買い替えた嫁さんのF700GSで出発。眠い・・・


朝の関越~上信越はまだ気温も低く、ガタガタ震えながらの山越え。
 

 長野に入る前には、遠くのアルプスの山々ががうっすら白く見えて、絶景です。

上信越から一気に日本海側に下り、久しぶりの北陸道へ流れ込みます。そこから渋滞にもハマらず、石川県、福井県を通過し、ほとんどノンストップで京都府の西舞鶴に到着! 


今日はここで一泊目。しかし、GWはホント、売り手値段の宿泊料金ですね・・・(T_T)

2日目は、宮津市の「日本三景」天橋立へ。 今まで裏日本側にアプローチする機会があまりなく、初めて来ました!
 

天気はギリギリ薄曇り。 バイクを道沿いにある有料駐車場に停めて、宮津湾北側にある傘松公園にロープウェイで登ります。

もう、乗り物ならなんでも好きです・・・ハイ。


ここからは、反対側のビューランド側とは逆に「昇龍観」という、龍が天に登っていくような構図で見ることが出来るということで、お約束の股のぞき。

「おぉ!」 確かにそんな感じに見え・・・いや、見えました(笑)

その後、すぐ麓にある眞名井(かない)神社と、元伊勢籠(もといせこの)神社を参拝。 ここは、伊勢神宮が出来る際に豊受大神をこの神社から移したという由緒正しき神社だそうです。


 まずは、外宮となる眞名井神社から参拝。伊勢神宮と同じ順番でお参りします。

そして、内宮となる元伊勢籠神社へ参拝。 これからの旅の安全をお願いして出発です!
 

京都縦貫自動車道~中国道~山陽道を経由して、2日目の宿(?)である広島県福山市にあるオイラの実家に到着。

途中の中国道で、ついに雨が降り出してきたので、レインウェアを着込みます。他のライダー達も慌てて着替えます(T_T) 


結婚して初めて2台で押しかけて・・・もとい、里帰りして一日分の宿代を浮かします(笑)
デカイバイクが2台もあるのは山奥の田舎では珍しいらしく、近所の人が「何なに?」というご様子。お騒がせしました・・・。

3日目。
慣れない実家泊まりで「全然寛げていない!」との嫁さんと共に、中国山地を越えて島根県出雲を目指します。 再び天候が崩れ、朝からレインスーツを着込んでの山越え。


ただ、今年に入って尾道市から日本海側の山陰道につながる、中国横断自動車道(通称:中国やまなみ街道)が、全線開通してました!

 今まで4時間近くかかっていた瀬戸内から日本海側へのアプローチが一気に2時間半で可能に!これにはビックリ! 
 

松江道から山陰道に乗り換え、出雲ICで下車。そして、久しぶりの出雲大社に到着!

・・・しましたが、お正月を上回るような参拝者が、ビッチリと町中や境内に溢れかえってます(-_-;)

狙いの出雲蕎麦も、食べられるまで1時間近く掛かってしまいました・・・。でも美味しかった♪

先日、長かった改修工事と大遷宮も終わり、立派な本殿をちゃんと見られるのは10数年ぶり。

以前に話題になった、伝承の空中神殿実在を証明する証拠となった大柱発掘の後には、赤く実物大の印が付けられていました。デカイ!!

これが2000年4月に発掘された、直径3m近くもある「宇豆柱」。3本の巨木束ねてある。


最高時では、48m以上の高さがあったと伝えられる出雲大社の神殿。太古のロマンですね!
 

境内では、山陰地方に伝わる「神代神楽」が催されていて、少しの間見物。これを何百年も伝え続けていく事に感動しました。

思った以上に参拝に時間を取られ、残念ながら近隣や松江市内の見物は見送り。 今日の宿泊地である鳥取県米子市の皆生温泉へ、急いで移動開始!


ただ、通りががりに、某軽四のTVCMでもお馴染みの凄い道、通称「べた踏み坂」(江島大橋)を通ってみました。 遠近感が狂ってるような凄い坂です。見られてちょっと満足!

その後は、なんとか渋滞を抜けて、宿に滑り込みセーフ! 温泉と美味しい晩メシで、連日の疲れを取ってノックダウンです~。

4日目。
本来なら、一気に東名経由で東京まで・・・という距離ですが、いちばん渋滞が予想される5月5日のため、もう一泊かけての帰京プランにし、今日は愛知県 蒲郡市を目指します。

今日の午前中は、9号線を一路東に向い、有名な鳥取砂丘へ立ち寄ります。


 昼間にちゃんと砂丘に訪れるのは、今回が初めて。砂丘に下りて、眼の前に広がる砂の壁に、立ち尽くします(^_^;) 

まるで人が蟻のようです・・・

気を取り直し、履いていた靴から裸足になって、一番きつい斜面に登山開始!


手脚を砂に差し込みながら、なんとか丘陵の頂上へ。息が切れます! たまに隣で登ってた人が「ア~ッ!」といいながら視界から消えていくのは、なかなかスリリング。

登ったその先に広がるのは、真っ青にキレイな日本海。絶景です! (敢えて写真はアップしません。いつか訪れて、自分の目で御覧ください) 

嫁さんも息も絶え絶え・・・でも、なんとか登り切りました!

完全にガクガクになった足でステップを踏ん張りつつ、あとは米子道~中国道~新名神~東名を走り繋いで、今日の宿泊地であるホテルに到着! はぁ、キツイ(T_T)


今日の宿、ひがきホテルへ到着!

5日目最終日。


最終日は、豊川ICで東名に乗って、一気に東京まで。
思いの外、渋滞にも掛からず4時間で東京に無事に帰って来られました。気がつけば、RTもすでに7,000キロを越えて、なんとなくエンジンの振動もスムースになってきた気がします。


今までの苦労と比べたら、余裕の帰り道(笑)

今回は走行距離2,080キロを駆けまわったツーリングとなりました。 しかし、なんで毎年こんな強化合宿のようなGWになるのやら・・・ 


でも、久しぶりのロングツーリングでしたが、とても快適で楽しく走ることが出来ました!
RTの走破能力も高いのですが、何にしろ2人でずっと走って回れたのが1番楽しいことでした(^^)


いつも思うのですが、ここ10年でいろいろなバイクツールが普及してきましたが、今使っている「B+COM」のようなBluetoothインカムが、ツーリングの楽しみを大きく変えてきたなぁ~と。

いくら大人数でツーリングしても、走行中はひたすら独りで走るしかありませんでしたが、会話しながら同じ風景や道を語りながら時間を過ごせる、という楽しみ方は画期的な変化だと思います。


そういえば、もう少しで新型のインカム「B+COM SB5X」が登場しますね! ニヤリ。

コメント