2013年初の群馬へ。 草津温泉にK1600GTLでマッタリ行ってきた!

今年は厳冬だったため、5月に入ってもなかなか山間部に足を伸ばすことが出来ませんでしたが、やっと天候も落ち着いてきたので、うちのツーリングチーム今年初のお泊り企画として、群馬県 草津温泉に一泊二日で行って来ました。

もう5月も下旬になろうというのに、天気予報の草津近辺は少し寒めの17℃前後・・・
一応、インテーク機能のある春夏ジャケットで走りますが、保険でウィンドストップ性のあるインナーも準備。

今回の幹事はオイラ。早めに宿に入ってゆっくり温泉を楽しむ!という大命題を立て、2日目に走行ボリュームをてんこ盛りにしてみました(笑)

10時という、遠征としては少し遅目の時間に関越道 三芳PAに集合したのは、いんちゃん(FJR1300)、タッキー(DUCATI)、ジャスコさん(F650GS)、そしてオイラといういつものメンバー。

少し渋滞気味の関越道から上信越道へ入り、横川PAまでひとっ飛び!さすが遠距離ツアラー組ご一行(笑) なんの問題もなくワープしてくれます。

軽く休憩の後、碓氷軽井沢ICで下り、軽井沢市内を横断。そのまま、鬼押出方面に新緑の山間ルートを流します。


鬼押出ハイウェイの有料ゲートを通り、すぐ最初にある六里ヶ原休憩所で昼食です。ここからの浅間山の景観は、いつ見ても迫力がありますね!




出発前に、今晩の酒宴用に、とある食材を購入! 食べる時が楽しみです(^^)


ここで、今回のネタに持ってきたのは、昨年に購入したSONY アクティブカム HDR-AS15。全然使ってなかったのですが、やっとこさ登場です。強力な吸盤でK1600GTLの車体にいろいろセットして、撮ってみます!

今回はHDR-AS15で撮影した動画からのキャプチャーも加えて、レポしてみました!


特に渋滞にもハマることなく、スルスルと嬬恋を抜けて、万座ハイウェーへ。


ここで、唯一のSSマシン DUCATIを駆るタッキーが突然の大加速(笑) 恐ろしいスピードで駆け上がっていきます!全然追い付けません(笑) さすがです!

後続のいんちゃん、ジャスコさんも万座温泉辺りで追いつき、再びまったりモードで白根山を縦走する466号線(万座道路)まで到着。 時刻は余裕の午後3時前。

当初の予定では、そのまま草津温泉に入る予定でしたが、少し勿体ないので進路変更して、渋峠側に旋回!
まだ雪壁の名残が残る高原を進んで、横手山の展望駐車場に到着です。


残念ながら少し煙った天気で遠方のアルプスは見えませんでしたが、さすが日本最高峰の道路、最高の景色です(・∀・)

なんとなく観光的な儀式も終わったので、再び道路を戻って、待望の草津温泉に到着!
うちのチームでお泊りするのは初めてです♪
今晩お世話になるのは、湯畑のすぐ横にある老舗旅館「日新館」。 古くから草津の湯元として知られる名宿です。

普段、湯畑の側までバイクで来るには、狭く混みいった道を走らなければならず、しかもバイクを停められるスペースも無いため、日帰りだとバイクで近づくのは遠慮していたのですが、この宿は湯畑のすぐ横に立地しながら広い駐車場があります。これはありがたい! 堂々と湯畑を周って、宿に到着です。

昭和の趣を残した宿は、古いながらもとても綺麗で、いろいろな歴史的名士が多く利用されたそうです。しかしながら、何が凄いって、歩いて1分で湯畑!(^^)
さらに、近隣にある共同浴場にもぷらぷら行ける!という「日新館」の立地はプライスレス!いいお宿です。 まずは共同浴場の「地蔵の湯」に、みんなに行きます♪


なんといっても、草津の湯は湯もみをしないといけない程の高温の湯。 身体を流そうと桶の湯を被った途端・・・「?グ@くぁ*-(*_*)!!!」 まさに熱湯コマーシャルな湯温です(笑)

なんとか気合を入れて浴槽に入るも、熱さより痛みが脚や指をピリピリと刺激し、頑張って2分の入浴・・・。 流し場でヘタれて再び湯に入り・・・を3回繰り返すと、もう全身パンパン!足も真っピンクです。でも、これが気持ちいのです♪


湯冷ましに皆で湯畑を観光。今までは夕食時間ギリギリに宿に入るのがほとんど。
まだ陽が明るいうちに、ツーリングで来て温泉&観光するというのは今まであんまりやらなかったなぁ~(笑)これは気持ちいいもんだ。

賑わう湯畑から一度宿に戻り、今度は宿の内風呂へ。
ここ「日進館」の湯も、源泉からの熱めの湯が豊富な雰囲気ある湯船で、また違ったマッタリ感を満喫です。


すっかり湯を堪能した後は、お楽しみの夕飯。

とても雰囲気ある美味しい料理で、大満足です。宿の女将さんが丁寧にご挨拶と宿の由縁を教えてくださったのも、老舗に来た満足感アップです。


食事が終わってひと休み。再び夜の湯畑に、みんなで散歩です。


すぐ横には、たくさんのホテルや旅館が並び、多くの泊り客が草津の夜を楽しんでいます。
以前に来た時には無かった、大きな日帰り風呂が出来てました!

ここで、共同浴場の「白旗の湯」に入ります。


温度は「地蔵の湯」よりもさらに熱いようで、2つある湯船に入ることすら悶絶(笑)
それぞれ1分程度の入浴で浴場を脱出! しかし外の夜風に当たると、ムチャクチャ気持ち良いのですな、これが(^^)


さぁ、宿に帰ったらお楽しみの酒宴です♪ 近所の酒屋で地酒を買い込み、冷酒をぐいぐい。たまりません! ここで、お昼に買ったとある食材がつまみとして登場!


この辺に古くから伝わるネイチャーフード、「イナゴ」「蜂の子」「さなぎ(カイコ)」の佃煮です!! この三種を味わうのは全員ほとんど初めて(笑) 口に入れる度に悲鳴を上げながらも完食! 最も虫臭いさなぎ以外は、なんとも美味しい珍味でした。

本日はここで電池切れ・・・ゆっくりと休みます。


【2日目】


快晴の朝を迎えたツーリング2日目。

起き抜けに宿の内湯で目を覚ましたら、早々に朝飯を頂いて8時半に「日新館」をスタート。 本日は約340キロの行程で、嬬恋~菅平~上田を抜けて、長野の美ヶ原を越えて中央道経由で走る予定です。


嬬恋から菅平への144号線(長野街道)は、新緑が映える気持ちのよい道が続きます。
遠方には浅間山系の山々がクッキリと浮かんでいます。 予想よりも速いペースで、上田市を抜けて62号線が繋ぐ武石峠まで、田植えが始まる田園風景を走ります。


ここからは、少し荒れたワインディングを一気に駆け上り、美ヶ原美術館の側の駐車場に到着です。


さすがツーリングシーズンの本格的な幕開け。駐車場は遠距離からのバイクがたくさんいます!


ここで一段落して、そのまま快晴な景色を楽しみながら、ビーナスラインを一気に下っていきます。142号線を車山方面に進み、途中にある展望台「霧ヶ峰 富士見台」で昼食です。


美味しい蕎麦を食べて満足してたところ、ドライブインの上空にモクモクト真っ黒い雲が・・・(-_-;) スマホで予報を見ると、こんなに快晴な長野エリアで、ここだけピンポイントで雨予報が・・・(涙)

「ヤバい、急ごう!」慌ててバイクに飛び乗り、152号線で白樺湖を抜けて山を降りる途中のワインディングで・・・来ました。


ここぞとばかりに大粒の雨が容赦なく降り注ぎます(T_T) あっという間にジーパンずぶ濡れ、パンツまで染みてきます・・・。

間の悪いことに、下りの先頭には大型の観光バスが。時速20キロ台で引っ張りられまくり、10分後にはずぶ濡れになりました。 うちのチーム最強の雨女効果が、ここで効きました(*_*)

幸い、山を下ってからは快晴に恵まれ、諏訪南ICで中央道に乗って快走出来たので、着るものもすっかり乾きました!


最後に渋滞を喰らいましたが、予想外の好ペースで走れたので、夕方には無事に東京に戻れました。雨以外はほぼ予定プランを消化して、うぃんくる5月ツーリングは楽しく無事に終了出来ました! 参加の皆さん、お疲れ様でした。

■今回のデジモノ反省■
車載用の「SONY アクティブカム HDR-AS15」ですが、けっこう直射や温度差で、アウターの防水ケース内に水蒸気の曇りが発生しました。純正のオプションで、「曇り止めシート」も発売されている所をみると、開発段階で判明していた症状なんですね・・・。

でもこれから夏場に向けて使用するには、このシートを買わないとダメな感じです(*_*)

コメント