今年は寒かった・・・ GTLで北陸・奥飛騨ツーリングに行ってきました!(3)

【3日目】
さぁ、北陸ツーリングも3日目。 せっかくの金沢なので、バイクをホテルに置かせてもらい、午前中は市内を徒歩&タクシーで観光モード!

新鮮な魚介や野菜が揃う金沢の台所「近江町市場」を散策。 美味しそうな牡蠣や新鮮なカニや魚がゴロゴロ!! くぅー、もう一泊出来たら・・・(涙)


後ろ髪を惹かれつつ、次に忍者寺として有名な「妙立寺」へ。
ここは江戸時代に戦に備えて第二の城として様々な隠し部屋は仕掛けが作られているお寺です。こういう仕掛けを400年以上も前に作り上げた先人の知恵と技術には頭が下がります(^_^;)

最後に、金沢の華やかなところを観に、由緒有るお茶屋さんが連なる「ひがし茶屋街」へ。
少し手狭な通りに、180年以上も歴史ある茶屋が立ち並びます。

その中でも、TVでもよく出る黄金の蔵がある金アクセサリーのお店「箔座 ひかり堂」にお邪魔!
なるほど・・・蔵の外壁も中もキンキラキンです。すげぇ、目がくらむ(*_*)

続いて、こちらも有名なお茶屋さん「懐華樓」。 まさに金沢の粋が集まったような豪華な装飾と、古の優雅な夜の世界を垣間見ることが出来る場所です。 

中の座敷には、金の畳が敷き詰められた茶室が!!さすが、金箔文化 金沢の片鱗を充分に堪能させてもらいました。

さぁ、本日の次のチェックポイントは、景勝地 東尋坊です!
金沢を後にして、金沢西ICから北陸自動車道を使い、加賀ICで降ります。305号線を西に向かう途中、気になるスポットがあらわ市吉崎にあったので、急遽立ち寄り決定!

ここにあるのは、浄土真宗のお坊さん 蓮如上人が北陸での布教のため約550年に作った坊舎跡「吉崎御坊」 願慶寺

この地に伝えられるのは、かつてこの吉崎御坊に通う嫁を止めるため、姑が鬼面をつけて嫁を脅かそうしたが、面が姑の顔から外れなくなり嫁が仏様に許しを乞うと外れた、という民話「嫁おどし伝説」です。 この御坊にはその面が伝えられて公開されています。
 御坊の近所には、伝承のシーンを再現したマネキンが!・・・怖い(^_^;)

住職のスーパー滑らかな伝承と説法を伺い、その面を拝見! 伝説とは知りつつも、けっこうゾクゾクしますね(-_-;) あっ、面の写真は、なんか嫌なので撮りませんでした(笑) 興味のある方はぜひ自身の眼でご覧になって下さい。

なお、ご住職によると、この願慶寺のすぐ側にこのお寺とは全く関係ない財団が作った、似た面を展示した施設があるのでご注意!とのこと。

その詳細は、こちらのサイト「日本の珍100景スポット」の記事をご覧ください。とっても大好きなサイトです♪


さてさて、吉崎御坊を後にし、本日の観光スポット2つ目となる「東尋坊」に到着です!
時間はすでに3時になりますが、長蛇の渋滞でなかなか駐車場までたどり着けませんでした・・・。

ここはまぁ、色々とダークなスポットではありますが、あまり気にせずに自然が作り上げた景観を堪能。

ポツポツと小雨が降る中、観覧船に乗って海側からも切り立つ岩壁を堪能します。凄いですね。
明日は、ここの名前の由来の坊さんが追われたお寺「永平寺」に行く予定。 福井の観光スポットは色々なところが繋がってます。

遅めのお昼ごはんは、お約束の海鮮丼と、ホタテとイカ焼き。美味しかったです(^^)


だんだん陽が低くなってくる中、416号線経由で福井市を南下し、8号線で本日の宿泊場所「ホテルアルファーワン鯖江」に到着!

今日は節約モードなので、ホテルの1階にある某居酒屋チェーン店に入ろうとしたところ、目の前のお客さんが入店したとこで満員御礼!(T_T) ホテルの近所の居酒屋を探すも、GW最中で休業中の店ばかり・・・

「ヤバい!全然店無い!」と慌てて周辺を探したところ、駅前から少し離れたところに地元の居酒屋「酔って家」を発見。良かった~。 

ここの定番メニュー「さば棒寿司」は、新鮮でボリュームたっぷり! 超美味しかったです。今回のツーリングで一番だったかも。

なんとか晩飯にありつけ、3日目が終了。
明日は、永平寺に行った後、岐阜県奥飛騨へのロング移動です。 あ~疲れた!


【本日の走行距離】 金沢市 ~ 鯖江市 117キロ

コメント