ヘルメット SZ-RAMⅢの内装、交換しました!

バイク乗るときに一番守らなければいけない高価なパーツ、それは自分の頭ですね!
最近は、頭部だけではなく胸部の保護も重要視されていますが、やはりヘルメットは一番大切なアイテムです。

オイラは、18歳でバイクデビューして15年程はショウエイのフルフェイスを使ってきましたが、7年前頃よりジェットヘルの快適性に目覚めて、その時からアライに宗旨変えしました。

現在愛用中なのが、5年ほど前に登場した「SZ-RAMⅢ」を、パーツメーカー「東単」でカスタム塗装されたグラフィックのものです。(デザイン名は忘れた・・・)

特に、大きめのフロントフェアリングを持つツアラーマシンに乗ると、ショウエイの一番大きな売りであったシールドと帽体接続部がフラットで風切り音が少ない!という部分にあまりメリットがなくなりました。(写真は、もうひとつ持っているショウエイの”マルチテック”)

そして、インカムを常用するようになってから、帽体のインナー耳部が深く掘られているアライは、スピーカーを装着しても耳に当たらずとても快適!というこの2点が、宗旨替えの理由です。

すでに実際の使用から丸4年経っており、アライの社長が「製造から3年が使用期限の目安」と仰ってることを考えると、完全にアウトです。外装はともかく、化学製品の発泡スチロールの衝撃吸収材等は、使わなくても徐々に劣化していくので、納得です。

ただ、一度も落としたりぶつけたりはしていないので、まだ・・・もう少しは充分使える!・・・と勝手に信じています。

次は、同じくアライの「MZ」というジェットを狙っていますが、なんとも欲しいカラー&グラフィックがありません・・・。もう少し待てば、なんらか発売されるかな?と。

なので、ひとまずヘタった内装を交換して、少し延命させました。交換したのは、頭頂部のパッド、頬部のチークパッド、そしてあご紐のカバーです。

こちらは古い内装パッドです。取り外して何度も洗濯してキレイには使ってたつもりですが、並べてみると汚いわ、ヘタってるわ、かなりの差に衝撃です・・・(;´Д`)

特にチークバッドの厚み、新品は20mmの設定なのですが、スポンジが弱って厚みが半分近くになっています! 並べてみると、劣化具合が一目瞭然です!

さぁ、交換終了して被ってみると、「ムギュー」っと顔を完全にホールドしてくれます。今までスポッと被れたのが変だったんですね。 まぁ、あまりケチるつもりも無いので、早く気に入るカラーのMZを心待ちにします。

アライの新井社長、早くニューカラーのMZ、お願いします!m(__)m


コメント

  1. はじめまして、アライ ラムⅢに興味がありまして、25000円で購入したいですが、譲るのは可能ですか。revalgage@yahoo.co.jpまで返事おねがいします。

    返信削除

コメントを投稿