この夏、電気を確保せよ!

やっと、暖かくなりました。

この夏の電力供給量が、2011年7月にはピーク時の約2/3程度までしか確保できず、計画停電が今にも増して増えることが見えてきました。

多分確実に、「寝る時にはエアコンが使えない」、「いきなりPCが使えなくなる」、「携帯が充電できない!」という状況が多発するのでは・・・との予感。

水や食料の備蓄ももちろん大切ですが、デジモノ好きとしてはこの夏の電気確保も重要な課題となってきました。さぁ、どうするか??

もちろん、最初に思いつくのは、そこそこの発電&蓄電容量を持つアウトドア用のソーラー発電キットです。野外でキャンプしながら、ドリンククーラーやラジオ、テレビも使用できる優れものです。

ソーラーポータブル独立電源システムPG-SE500N




一晩中、ネットで探し回ったが全然在庫がありません。 品切れた時期を調べると、地震直後の電力不足とライフラインが危ない!」と言われた3月中旬頃に一気に無くなっているようです。

しかし、まだアイテムはある!

昨年の高速道路 土日1000円が始まってブームとなった、車中泊。その頃に、車搭載用として注目を浴びた、これだ!

ポータブル電源 セルスター PD-350





・・・どこにもない。

さすが、一般のご家庭が捜す緊急電源だと、このレベルではみんなすぐ見つけて無理か・・・。ならば、一歩踏み込んでここまでいってみようか

●自動車用 12V ディープサイクル式バッテリ
・普通のバッテリと違い、蓄電量ギリギリまで使用可能! 蓄電能力は、前出のポータブル形式と比べて段違い!

● ディープサイクル式対応 充電器
・家庭用コンセントからワニ口経由で、5~8時間かけて充電可能

●正弦波インバーター
・バッテリに蓄電されているDC12/24Vを、AC100Vに変換するコネクタ。これがあれば、家庭用電気製品を使用できる。無論、バッテリ容量とインバーターの対応ワット設定ランクにより、約120~600Wまでの物が使用可能となる。


アマチュア無線や、ヨットとかのマリンスポーツをしている方は、割と当たり前の装備ですが、一般の人で電気欲しさにここまでする人は、あんまりいない(・・・と思う)

しかし、このお買い物、一番クセモノなのが正弦波インバーター。

平均価格が3万~、性能と価格が完全に比例するため、夏場に扇風機つけながらノートPCを使う・・・という生活を夢見ると、合計で軽く10万円を超えることに。


しかし、早く決断しないと、このアイテム類もどんどん在庫切れが始まっている!
誰だよ!こんなモンまで買っていくのは!? ・・・あぁ、オイラみたいな人たちか・・・(涙)

この夏は、厳しそうである・・・

コメント