このサイトで人気の記事は?

2017年2月20日月曜日

もっと操作しやすく! R1200RT LCに「バンザイモーターワークス」ハンドル調整キットを付けました!

R1200RT LCをゲットして約2年半。

ツーリング性能の完成度が高く、基本スペックや動態能力はまったく文句なし!
マフラーやエンジン周り等、全然カスタムしていません。

そんなRTですが、一番手を欠かているのがポジションに関するカスタム。 主にこんなカスタムをしてきました!

●足付き性向上を狙って「R Style」製トルクロッドを取り付け  (シート高:-1.5cm
●国内用ローシートをスタンダード(欧州用ローシート)に交換 (シート高:+4.5cm)

こんなカスタムで足付き性が良くなり、ステップと膝の曲がり角も、若干緩やかになりました。 鉄板のような座り心地のローシートに比べて、シートも肉厚になり長時間のライディングが楽になりました。

・・・が、2年も経つと、どこかイジりたくのがバイク乗りの悲しい性(笑)
今度は、ハンドル周りに手を付けてしまいました~!


しかし、大柄な外国人体型で設計されているRTだと、身長167cmの自分にはハンドルバー位置が若干遠く、気持ち身体を前倒しにしてハンドルを持たないと掌が離れてしまい、操作の度に握り直すような違和感をずっと感じていました。

オイラは手が少し小さいので、バー部分とほぼ水平の方が楽チンですが、下向きのレバー位置が好きな方は近づける距離が少し稼げなくなります。
うーん、2時間程度なら前より楽ですが、1日乗っていると逆に上半身が緊張して疲れるかも・・・。

2014年式  R1200RTのハンドル位置は高さが気持ち低めで、乗るのにそんなに困ることは無かったのです。

「あと2,3cm位ハンドルが近ければ・・・」

しかし、一体成型のハンドルポスト形状なので、市販のバーハンドル交換のように簡単にポジション変更が出来ません・・・(T_T)  でも、さすが世界で売れている車種だけあり、ネットを検索してみると2種類のハンドル位置調整用のパーツを発見!

ひとつは、欧州で多くのカスタムパーツを開発・販売している「Wunderrlich(ワンダーリッヒ)」製のハンドルアップキット


どちらも原理は同じで、純正のハンドルブロックとバー部分の間に組込み、ハンドルバー位置をライダー側に近づける物です。

電装品ではないので、これなら自分で取り寄せて取り付けよう! ・・・と思ったのですが、それぞれのパーツをネットで吟味していると、バンザイモーターワークスの商品紹介ブログに気になる記述が・・・

取り付け時にハンドルバーを外す際、ブロック部に相当な力で圧入されており、一般の工具類では取り外し作業はかなり困難!との記載が!(-_-) 
この問題をクリアするには、バンザイモーターワークスが所有されているバー抜き取り用特殊工具がないと駄目な様子。


さらにこの工具、整備士資格者を前提としたところへの有料レンタル、という状況。 
ということは、少し価格が安いワンダーリッヒのパーツも作業工程は一緒なので、パーツだけ購入しても自分では出来ないではないか~、ガーン! 

取り付けについては、バンザイモーターワークスさんが、このような説明動画も用意されており、とても丁寧な販売をされている様子。


いろいろ悩んだ末、いつもお世話になっているモトラッド ディーラー様に相談。

まずは、このようなパーツ類のRT取り付け実績を聞いていみると、あったとのこと。

で、この問題を聞いてみると、やはり圧入されたバー部を抜くために、トップブリッジ部を分解するほどの面倒な大作業になってしまった・・・。 出来れば、バンザイモーターワークスの方のパーツ&工具をレンタル出来ると、とても助かりますm(_ _)m とのご回答(汗)

もう一度お願いして、それぞれの販売元様に確認していただいた所、デザインは違うが、位置調整の自由度や使い方はほぼ変わりない様子。
結果、バンザイモーターワークスさんのパーツ購入費+取付工賃+特殊工具の有料レンタル費込で取り付けをお願いしました(^_^;)


ディーラー様からパーツ&工具到着の連絡を受けて、土曜の朝に開店と同時にRTを持ち込み。
パーツ取り付けと、ナビ操作ボタン類のケーブル取り回しをやり直して頂き、約半日で納車頂きました~♪ 運転部品ということで、取付時にはネジ止め剤でしっかりと取り付けて頂いたそうです。

こちらがバンザイワークス「ハンドルバー調整キット」装着の状態です!

ノーマルに比べて、バーの位置が高さ:約3cmアップ、手前に2.5cm程度近くなり、国産1,000ccクラスのネイキッドのような車格感に変わりました。


上部から。調整キットの下部が従来のハンドルバー位置なので、たいぶ後方&上方にハンドルバーが移動しました。


以前、「R-Style」製のナビマウントを取り付けていましたが、このパーツ取り付けによって一度取り外すことに。少し前に、ナビ取り付け位置をメーター上部へ変更していたので、ナビ操作ボタン、給電用シガーソケットの取り付けを、パーツ左側に変更しました。

2本のパイプが並んだようなパーツなので、上手く使えばパイプハンドル用のマウントが使えます♪

部品の構造上、もう少し手前や前側に回転させて位置変更が若干可能です。


ただ、回転させすぎて手前に寄せようとしても、ブレーキのマスタシリンダー取り付け部がハンドルブロック部と接触して、ブレーキレバー角度をある程度から下げられなくなるため、回転させられる位置に限界があります。(クラッチレバー側は問題なし)


この写真の位置は、そのギリギリまで調整して固定した状態です。

それでは、乗ってみた感想です。(テスト:市街地+首都高)

距離感のあったスロットルのホールド感は、距離が近づいたことでしっかりと握る事が出来るようになり、スロットル操作やレバー操作が格段にしやすくなりました!特に市街地での取り回しは、腕の曲がりに余裕が出来てとても楽になりました。


シート側からハンドル上部の様子。

次に気がついたのが、シートの着座位置を後退させることが出来たこと。

今まで発進時には、脚を付くために座っていたシート前方位置から、発進後にシートの座り直しをしていましたが、ハンドルと腕の長さの関係で、座れる位置に限界がありました。

しかし腕に余裕ができたことで、今までの着座位置から更に後退したシート位置に座るころが出来ました。
すると、ステップと膝と太腿の位置がより自然になります。
そして一番驚いたのが、リアサスの動きがとても感じやすくなり、なんとも文章にし難いのですが、車体と身体の一体感を感じられるようになりました。


素人の勝手な妄想ですが、従来の着座位置だとリアサスが作用する支点(軸)からズレてたのが、その軸上に座れるようになったから?と。 違ってたらスイマセンm(_ _)m


左ハンドル接合部を下から。非常にしっかりとしており、ハンドル操作でのたわみとかは無し。

ただ1点当たり前ですが、ハンドルの高さが上がったため、肩→肘→手首の位置関係が思ったより水平気味になり、脇を少し開いて上半身を起こし気味になるような姿勢にかわりました。

今まで、ハンドルの高さには不満はなかったので、たった3cmアップでも思わぬ違和感です(^_^;) 教習所のアップハンドル版CB750みたいな感じかも。

そんなことを考えながら走っていると、また妙なアイディアが浮かび始めました(笑)

0 件のコメント:

コメントを投稿