このサイトで人気の記事は?

2017年2月20日月曜日

もっと走りやすく! R1200RT LCに、純正ハイシートを取り付けました!(2)

第4期ポジション向上化計画が脳内で発令され、さっそくネットでシートの購入先を検索!


見つけたのは、欧州で流通する純正品等を輸入できるECサイト「Euro Net Direct(ユーロネットダイレクト)」

以前、ディーラー様で、純正スタンダートシートを購入すると48,000円(税抜)と、思いのほか高額でした。正規輸入なので、取り扱い手数料等含みの価格なので仕方ない。

でも2つ目ともなると、少しでも安く購入したい!

そこで欧州から直輸入で購入できるこのサイトで少しでも安く購入してみました。

R1200RT用のハイシート(シートヒーター付き)は、サイトの価格(送料込)で39,800円。

ユーロ為替差額とかどこまで含まれているか?ですが、こちらから購入するほうが全然安いです。

電装品やディーラーの取り付けクオリティが必要であれば正規ルートはやむを得なしですが、シートなら自分で取り付けが可能です。でもヒーターとかちゃんと機能するか、とかは少し不安でしたが・・・

注文すること約2週間。
はるばるドイツからやってきました、BMW純正 R1200RT LC用ハイシートです!

もっと走りやすく! R1200RT LCに、純正ハイシートを取り付けました!(1)

R1200RT LCへ、バンザイモーターワークスさま販売の「ハンドル調整キット」を取り付けてみました!

・・・が、思ってたイメージからは83%の満足度。
無論、パーツ自体はとても良く出来ていて文句なしなのです!


ハンドルバーは、望んでいた3cmほど手前まで近づきました! ただ、どうにもハンドル位置が高く感じて、肘が上がっている感覚です。

ちなみにオイラは167cmの胴長短足な純日本人体型です♪

「ん~?!」 なんか違う・・・「ハッ!」

うろうろと街中をテスト走行しながら思いついたのは、シート位置の変更です!
今付けいているスタンダートシートを一度外して、BMWお馴染みのシート位置変更用のプレートを裏返して、シート高を上げてみました。

BMWバイクのいくつかには、シート固定位置を変更してシート高を2段階に出来る機能があります。

もっと操作しやすく! R1200RT LCに「バンザイモーターワークス」ハンドル調整キットを付けました!

R1200RT LCをゲットして約2年半。

ツーリング性能の完成度が高く、基本スペックや動態能力はまったく文句なし!
マフラーやエンジン周り等、全然カスタムしていません。

そんなRTですが、一番手を欠かているのがポジションに関するカスタム。 主にこんなカスタムをしてきました!

●足付き性向上を狙って「R Style」製トルクロッドを取り付け  (シート高:-1.5cm
●国内用ローシートをスタンダード(欧州用ローシート)に交換 (シート高:+4.5cm)

こんなカスタムで足付き性が良くなり、ステップと膝の曲がり角も、若干緩やかになりました。 鉄板のような座り心地のローシートに比べて、シートも肉厚になり長時間のライディングが楽になりました。

・・・が、2年も経つと、どこかイジりたくのがバイク乗りの悲しい性(笑)
今度は、ハンドル周りに手を付けてしまいました~!


RTのグリップが消える?! グリップシュリンクチューブで摩滅を食い止めろ!

R1200RT LCに乗って、既に24,000キロ超え。

2年半での走行距離と考えると、なかなか乗れなくなってきたな~、と生活サイクルが独身時代と違って来たことを実感。

最近、ハンドル周りのカスタムを考える中、ディーラーさんからの帰路でふとハンドルを見ると・・・


「げっ、グリップがツルツルになりかけてる・・・!」

左側のグリップがツルツルに・・・。右のスロットル側はそうでもないので、左手の握りが強すぎる、という事かな?

そうです、思い出しました!

最近のBMWのハンドルグリップって結構軟らかくて、そこそこ乗っていると摩滅する、という事を。特にハンドルヒーターの機能が付いているグリップはパーツ代が高くつく・・・らしい(汗) 以前に乗っていたK1600GTLも、確かに減りが早かった。

そこで、オーナー諸兄が、何か熱収縮するラバーか何かを乗り出し時に取り付けている記事を、どこかで読んだような・・・

RT納車時に、いつか付けようかな?とは思っていたが、面倒なので忘れてたら、もうこんんなになってしました(涙)
まだ間に合いそうなので、大急ぎで東雲ライコランドに爆走し、そのグリップチューブを発見! 即ゲットしました!

これが、「ERGO WORKS グリップシュリンクチューブ」です!