このサイトで人気の記事は?

2016年3月6日日曜日

日本酒は鮮度が命。 開封後の味をずっと楽しめる「Sake Saver」をゲットしました!

今年の冬は、少し家呑みが増えて、ちょこちょこと日本酒を冷蔵庫から出して、熱燗を楽しみました。
居酒屋でいろんな肴を食べながらの呑みもいいですが、部屋でじっくりと腰を落ち着けて、のんびりと呑むのも楽しいもんです。

オイラは、一度の呑みで一升瓶を呑むような酒豪ではないですが、だいたい四合瓶を月2本(=一回で2合)ペースです。

かならず週末に呑むとは限らず、一度抜栓をすると1ヶ月位冷蔵庫に入れっぱなしの時もあります。 もちろん、栓をして、きちんと低温でキープはしていますが、残量を半分切ってから長めに置いておくと、キリッとした味が減って、甘みが増した感が出てくるので、最後の方はあんまり美味しく呑めません

なんとなく、瓶の中の空気が作用して味を変えているのかなぁ~?という感じはありましたが、そのために無理に余分に呑む!というの馬鹿らしく、しょうがない・・・と諦めていました。

・・・が、この間、デジモノ雑誌を眺めていると、このモヤモヤを解決してくれそうな、ナイスなアイテムを見つけました!

それが、この「Sake Saver(酒セーバー)」です。

この酒セーバー、一度開けた酒瓶の蓋の代わりに、付属の栓を使って瓶の中の空気を抜き出し、お酒の鮮度をキープしてくれる、というものです。