このサイトで人気の記事は?

2015年1月12日月曜日

職人さんの仕事にホレボレ! R1200RTに「R-STYLE」製トルクロッドを装着しました

遅ればせながら、新年明けましておめでとうございますm(__)m

今年もバイク&デジモノを、目一杯楽しむ一年にしたいな・・・と、野望を抱いております。

さて、年末年始は関東も激寒で、バイクに乗る時間が少なく、あまりメーターが伸ばせてませんでしたが、今年第1弾のパーツ装着をしました。

新パーツは、モリヤス・アイアワンワークス製 「R-STYLE チタントルクロッド&特製シートアジャスター」セットです!

昨年秋に乗り換えたR1200RT(2014)ですが、前回記事にしたように、極端な足付き狙いのペッタンコ純正シートから、欧米用の標準にシートに交換。
結果、お尻の安定感、痛みが無くなり、余裕の長時間走行が可能になりました!


 ただ、そのトレードオフとして、シートの厚みが約4cm増えた分足付き性はキツくなり、左右の足の拇指球(約50%)までの着地となり、走行は全然問題ないのですが、斜めになった道路や斜面では安定性が取りにくく、跨ったままでのバックも結構疲れる状態でした。

そこでバイク購入前から目をつけていたのが、このパーツです。
(カラーは、チタン焼き色付きとソリッドの2種)

BMWの後輪の多くに取り付けられているドライブシャフト兼スイングアーム「パラレバー」は、機構上部に「トルクロッド」という棒のようなパーツがあり、ドライブシャフトの回転を打ち消し、アームと車体メインフレームとの取り付け角度を保ちつつスイングアームの安定性を図っています。

このパーツ自体の長さを少し短くすれば、釣り竿のリール糸を引くように、アームの先端のギア部が持ち上げられ、結果リアタイアの位置が短くなり、 車体の高さが下がります。

以前に乗っていたRTにも他メーカーの車高下げ用トルクロッドを自分で取り付けましたが、思いの外、取り付けが難しく1日がかりになった悪夢を思い出し、今回は素直にディーラー様でパーツ購入&取り付けをお願いです(笑)


1時間ほど、お店で待ってますと・・・

出来ました! さぁ、これが取り付けた様子です!

スイングアームの上部に、チタン色で多角形のパーツが、R-STYLE製トルクロッドです。
溶接や仕上げがとてもキレイです。剛性もとても高そうです。
このパーツのみで約1.5cm程、シート高が下がります。

併せて、今回はシートの高さ調整用アジャストプレートを純正品と交換することで更に約1cm程シートの位置が下がり、トルクロッドと合わせて約2.5cmも低くなりました!
アジャスターは、ノーマル部品からシート固定用のゴムパーツを外して、付け直します。

さて、気になる足付きですが、明らかに左右の足裏の接地面が増えます。標準シートに交換後、拇指球半分程度が、拇指球全面までしっかりと地面に足をつけることが出来ます。停車時の安定度が全く別物になりました。 2.5cmダウンとはいえ、すごいです!

写真は前回の写真とは角度やブーツが違いますがスイマセン。 なんせ冬なもんで(笑)

シートに関しては、シート自体の装着位置が低くなるため、ボディ部分と若干の隙間が出来ます。ここは埃や雨防止に、ウレタンなどでカバーを自作しようと思います。

これで、RT購入時から気になっていたシート座面、そして足付きがクリアになったので、ますますRTが好きになりました。 正月明け早々、伊豆半島をグルっと周ってきましたが、ポジションがしっくりきます。

リアのパラレバーの角度が若干変わったことで何かハンドリングに変化は?・・・と思いましたが、コーナーリング時少しクイック気味だった感が、逆に安定感が増したように感じました。

R-STYLのパーツは、チタン加工が素晴らしく、とてもキレイなパーツを多く作られています。 以前に乗っていたK1600GTLにも、ハンドル周り用のナビゲーションステーやエンジンガードを付けさせて頂いてましたが、ものすごく満足度が高いクオリティでした。

オイラのRTには、専用のナビゲーションステーも装着済みです。


R-STYLEは、VIRGIN BMW.com」でも記事紹介されておりますので、気になる方はぜひご覧ください。 海外製の商品が主流のBMWバイク用パーツの中で、国産クオリティで開発された部品が選べる、とても貴重なメーカーです。

今年も楽しい一年になりますように・・・(^^)

6 件のコメント:

  1. クワトロバジーナ2015年1月13日 8:21

    またまた高価なパーツが(笑)写真で見ると車体は、への字を広げた感じで後ろ下がりになったのかな?

    返信削除
  2. まぁ、ちと高い買い物でした・・・(笑)

    そうですね。少し後輪軸が下がった、ということは後ろにズレたのと同じなので、前後の車軸間が若干伸びた(それが2.5㎝かは?)感じだと思います。 
    への字まで広がった感じはしませんが、割と好きな方のコーリング感に変わりました(^^)

    返信削除
  3. はじめまして
    私もGTLに乗っています。4月で車検なんですが、
    RTにしようかと思っています。
    同じようにしてる方がいるんだと、ほっこりしています。
    ところで、標準シートはお幾らくるんですか?
    差支えなければ、教えていただければ・・・

    返信削除
    返信
    1. 匿名さま
      はじめまして。ブログ読んで頂き、ありがとうございます。

      今回、本国仕様でいうところの標準高シート(805/825㎜)&ヒートシーター装備は、ディーラー定価で、51,840円(税込)でした。
      モトラッドのディーラーオプション設定価格なので、全国のどのディーラーで購入されても同じかなと思います。

      一度検討したローシートベースのシート加工は、某工房様で幅詰めで約25,000円~でしたので、+25,000円で純正のシート肉厚の長距離快適性が得られるのであれば・・・と覚悟して買いました(笑)。 
      たぶん幅詰め&肉盛り加工で出すと、同じく5~6万はかかるのでは?と思います。

      海外直輸入のパーツ取扱webショップ「Euro Net Shop」にローシートという名称で33,200円という物が出ていたのですが、一度直接問い合わせた所、たぶん日本標準のローシートと変わらない・・・と思う、という曖昧な回答で怖かったので、最終的に正規ディーラー様での購入となりました。

      もし参考になれば幸いです。
      RT乗りになられたら、是非教えて下さい。

      削除
    2. おやじのQ
      ついに、契約しちゃいました。
      昨年8月登録の中古ですが・・・
      標準シートも注文しちゃいました。
      これからも、時々来て参考にさせてもらいます。

      削除
  4. RTオーナー、おめでとうございます!

    こちらこそ、またいろいろと情報交換させてください。

    返信削除