このサイトで人気の記事は?

2014年11月24日月曜日

ありのまま・・・はちょっとね。 早速、R1200RT(LC)にパーツ付けてみました!

やはり、バイクのネタが増えると、書き込み頻度が増えますね(笑)

先月から乗り始めた、新しい愛車 R1200RTLC)。

今回のモデルチェンジはとても良く出来ており、ちょっと走りに出かけるだけで大満足です!
とにかく、この軽さ(装備重量で約274kgとは思えない)と、どこまでも安定した走行フィーリング、そして安心してコーナーに突っ込んで旋回していける操作性は、惚れ惚れします(*^_^*

しかし、どんなに良いバイクでも機械製品であり大量生産のものです。オーダメイドの服と違い、ちょっとずつ自分に合わせていきたい箇所も見えてきます。 今回、納車時にいくつか、パーツ類の取付けをディーラーさんにお願いしました。

まずは、左右に出っ張ったボクサーエンジンのシリンダーヘッドを、転倒等のキズから守るエンジンガード。 結構たくさんのパーツメーカーから出ていましたが、ボディカラーとのバランスを考えて、純正品にしときました。

さようならGTL!いらっしゃいませ、R1200RT LC! バイクをチェンジしました!

いろいろイベントが多かった2014年も、そろそろ終盤となります。

目下、最大の人生の趣味がバイクなのは相変わらず、願わくばまだまだ乗り続けたいところ。 
愛車 BMW K1600GTLとも通算30,000キロを超え、もう2年以上の付き合いです。 

発表当初は、「こんなバケモノみたいなの、関係ないわ~」と思ったバイクでしたが、気付けば愛車となって、色んな所に連れて行ってくれます。

市販車唯一の並列6気筒エンジンは、例えればジェット戦闘機のごとく、甲高い音を立てて、その巨体を感じさせないパワーで、片道1100キロ(東京~福岡)のツーリングも余裕でクリア! ツアラー最強の戦闘力を発揮します!

見かけとは裏腹に、跨ってのコントロールも1000cc強のバイク程度で特に問題無し。

唯一大変なのは、身長167㎝の平均(以下?)の我が身には少し大きく重いこと(笑)
押したり引いたり起こしたり。取り回しの動作や時間は些細なもんですが、そこそこ走って帰ると、あちこち疲れが溜まってきます。

やはり、どんなにシート低なスタイルで日本人ライクでも、根本的な重さと大きさは自分の分を越えているのを、ここ半年にヒシヒシと感じてました・・・

ということで、ここで一念発起!(日本語違う?)

奥様に、まだGTLの下取り値段が残っているうちに、もう少し軽いバイクにさせて下さい!とお願いして、許して頂きました(^_^;)  本当にありがとうございますm(__)m ・・・家庭内借金ですが。


ということで、また、2気筒に戻ってきました!!
新しい愛車 BMW R1200RT2014年 空水冷式)です!