このサイトで人気の記事は?

2013年4月13日土曜日

やっと関東圏から脱出! 静岡へ春一番ツーリングに行って来ました!

今年の冬は、例年以上に寒かった・・・いつもなら2月中頃でも、箱根や河口湖方面に、路面ツルツル極寒ツアーを敢行してますが、今年は全然無理! あれだけ雪が降ると房総半島を周るのがほとんど・・・という冬でした(T_T) やっと待望の春が来た3月初旬、久々の遠出に静岡県 久能山 東照宮にチームメンバーと走って来ました。
 
1159段といわれる長い石段を、息を切らせながら登りつめて到着したのは、「久能山 東照宮」
徳川家康の遺言で、自身を栃木県の日光と共にここ久能山に祀ることとし、2代目将軍の秀忠が造営させた神社です。
 
お参りを済ませて、長い階段を下りて、バイクを駐車させて頂いたお土産物屋さんで、美味しそうないちごを購入!
「さぁ、食べるぜ!」という時に、オーベさんが悲鳴!
やっぱり、春を感じるにはバイクが一番です!(^^)
 
今回の参加者は、オーベさん(HONDA VFR750)とジャスコさん(BMW F650GS)とオイラの3台・・・という、ちょい寂し目の台数となりました。 朝8:30に東名 港北PAに集合し、東名から新東名へと流れます。

 
途中、清水SAでひと休みして、朝食第2弾として、冷たいざるうどんを流し込みます。

 
清水SAには、バイクウェアの老舗「クシタニ」のショップもあります!

車線もスムーズに流れ、あっという間に東名 清水ICを下りて、春の波打ち際がキレイな150号線(久能街道)を走ります。 沿道には、いちご狩りのビニールハウスが並んで、少し甘酸っぱい香りが鼻に入ってきます。・・・花粉も一緒にですが(^_^;) 

 
ついに到着しました。久能山 東照宮!

  
さぁ、参道入口に到着! ・・・って階段、スゲェ!(T_T) 
 
どこまで続くんだ・・・この階段?!

 
途中から見渡す海岸の景色は、絶景です!

なるほど、境内に入ると、朱と金をメインとした豪華絢爛な社殿や神楽殿は、日光東照宮とそっくりです! 説には、全国にある東照宮のデザインの基となったものだそうです。

 
途中、境内にある神楽殿の横に、ガンプラが?! 武者ガンダムらしい。他にも戦艦等のプラモデルがケースに入れられています。 

どうやら静岡は模型メーカーが集まる地。遡れば、この東照宮造営のために全国から集った木工職人がこの地に住み着き、戦後の木製模型産業からプラモデル産業に変わる礎となったそうな。 奥が深い・・・(^_^;) 

 
金箔が、梅をより映えさせています。

 
そんな歴史を感じつつ、一番奥に座す神廟へお参りします。 ここには家康公の亡骸が埋葬されている、ある意味最強のパワースポットです。やはり、なんとも言えない厳かな空気が流れてますね。

 
どうやら御朱印帳を社務所に、預けて忘れて来たらしい・・・   

あの遥か階段の上にある社務所に(TдT) もう一回、オーベさんが1159段にアタックしてる間に、残った2名で採れたてのいちごを頂きました! スマン(笑) 
 
 さすがに、あの階段を一日二往復はないな・・・もうヘロヘロ  

ノックアウトなオーベさんが再び降りてきた所で、白状にも休憩なしで少し遅目のお昼ご飯に出発!  目指すは、オーベさんがネット仲間に紹介された、静岡市内のバイカーズカフェ「TWINS(ツインズ)」です。 
 
3時過ぎに、お店の横に駐輪場を備えた、雰囲気のあるお店に到着! ここは、雑誌「培倶人」にも紹介されている、地元でも有名なお店のようです。

 
店名のツインズは、マスターがBMW R1200Rに乗っていらっしゃるようで、そこから付いた・・・のかなと、思います。 

ランチの時間は過ぎていましたが、特に変わらず同じメニューがオーダーできます。 ここで食べた、豚肉の湯引きガーリックというメニューが、メチャクチャ美味い!!また食べに行きたくなる味です。

 
オーベさんが頼んだギガ盛りのカレー、ちょっと無理(笑)

 
食後のコーヒーも、ボリューミーで美味しかったです。 


お店を出たら、すでに日は落ちて真っ暗。やはり3月初旬通りの寒い闇の中、無事に東京に戻って来ました。

0 件のコメント:

コメントを投稿