このサイトで人気の記事は?

2012年8月19日日曜日

K1600GTLで行く、みちのくの旅 今年も東北ツーリングに行ってきたぞ-!(1)

唐突ですが、大人の夏は短い! ・・・ということで、今年も遠距離ツーリングができるお盆がやって来ました!

ということで、恒例の涼しい東北ツーリングに行って来ました。今年も、秋田~青森~岩手~福島を回る56日の長旅になりました( ゚∀゚ )

【1日目】
今回は、10日(金)夜10時に、自宅をスタート!

お盆連休打突入と、翌日から土日というカレンダーということで、すでに東北道 蓮田PAには溢れる程の車が…(^_^;)

嫌な予感は的中し、速度ゼロの渋滞こそないものの、仙台を超えるまで約400キロ近く80キロペースの過密渋滞が朝まで続きます。さすがにこの巡航では全然メーターを稼げず、朝には山形道に入っている予定でしたが、国見SAで一時間ほど仮眠~(=o=)
昨年も活躍したエアー式のトラベル枕を、SAの芝生に置いてのゴロ寝が気持ちいい~!

少し眠気が消えたところで、村田JCTから山形道へ進み、朝9時半頃に月山ICに到着!国道112号線に降ります。今回心配していたのが天候ですが、ここまでレインウェアも使わず快適に走れてます(^^)
ここで一つ気になるトラブルが発生!

寒河江SAでガソリンを入れた際に、ふとGTL下部の地面を見ると、小さな青い水が点々と落ちています(汗)

「ゲッ、これクーラント液??」

エンジン右部の冷却ラインとのジョイントからも青い液が少し漏れてます(_;) でもクーラント液タンクを見ると、規定量を超えるほど並々とまだ入っています。

何かの雑誌で、GTLのラジエターにはかなり高い圧力で液が流れているとのことだったので、吹き出して溢れてるのかな??と、勝手に良い方に解釈(笑) ツーリングから戻って、ディーラーさんに見てもらうことにします。

さて、”せっかく”山形まで来たのだから!と、観光に向かったのは、「湯殿山神社」です。

修験で栄えたこの神社は、大変珍しい御神体を祭っており、ここには参拝者も裸足でお参りします。御神体の詳細は 「語る事なかれ、聞くなかれ」と、昔の角川映画でも有名な言い伝えがありますので、敢えて割愛します・・・(^_^;) 

続いて、同じく112号線沿いに走り少し外れた山間部の集落にある真言宗の寺「湯殿山 注連寺」へ。 ここは833年に空海上人に開山された歴史あるお寺で、あのミシュランが発行する『グリーンガイド・ジャポン』にも紹介されている名所です。

なぜミシュランか?  ひとつはこの寺内を飾る現代風のアートな天井画。この古い寺社からはそう出来ない鮮やかなイラストが天井にいくつも見られます。

そしてもう一つが、生きたまま入定し即身仏となってお祀りされている鉄門海上人。

以前にも新潟で即身仏にお参りしましたが、ここにお参りするのはすでに2回目。
普段なかなか見ることが出来ないこのような場所に訪れることができるが、国内ツーリングの魅力です。
鉄門海上人は目のご利益があるらしく、ありがたくお参りさせて頂きます。

さて、注連寺を後にして、再び山形道~日本海東北自動車道を繋ぎ、終点の酒田みなとICにお昼過ぎに到着!お昼ごはんとして、地元の新鮮な特大の岩がきをパクリ!凄く美味しいです(^^)v

さぁ、まだ仮眠では取れない眠気と闘いながら、本日のメインイベント 鳥海山を目指します!山形と秋田の県境にまたがる2,236メートルの名峰で、以前に友人と来た時は残念ながら曇と雨で、雲の下に広がる光景を見ることが出来なかったのでリベンジです!

山形側から鳥海ブルーラインでグングンと上り道を進みます!心配していた天気が一気に澄み渡り、メッチャ快晴な青空が広がり始めます! やった、勝った!( ゚∀゚ )

鉾立の駐車場から日本海側を望みます。高ぃ~、絶景ですね! やっと念願が叶いました!

 鳥海山にGTLで登ったぞ~!

引き続き、今晩の宿泊場所の秋田のビジネスホテル「ドーミーイン秋田」までは、一度秋田県由利本荘市側に下山。そのまま日本海沿岸東北自動車に乗り、岩城ICから7号線に降りて、秋田市内へと向かいます。

日本海に沈む夕日が、東北に来たことを一層体感させてくれます。さぁ、今晩は比内鶏料理を食べて、一日目の疲れを落とすぞ!! ・・・爆睡(笑)

そして、ここでGTLに、もうひとトラブル・・・

ホテルを目指す途中に入る路地を間違えて、右にUターンしようとした時・・・ガチャ!
ついに立ちゴケてしまいました( ゚д゚ )! ※当然、余裕ないので現場の写真は無し(笑)

慌てて起こそうにも、装備重量350キロ強の車重+パニア満載の荷物で、全然引き起こせません(T_T) たまたま通りががった若いお兄さんが2人で手伝ってくれて無事に起こすことができました! 本当にありがとうございますm(__)m

急いで車体のダメージを調べて見たのですが・・・これがまた意外や意外。

右側のR-Style製のエンジンガードとステップ、ミラーには少し傷が入ったのですが、後は車体、マフラー、ハンドル、レバー、パニア共々、全然傷が見当たりません・・・???

かなり踏ん張ってゆっくり倒したのが功を奏したのか、はたまた路面の状況が良かったのか?かなりの大ダメージを覚悟していたので、嬉しい誤算です。逆に、このエンジンガードがどれだけよく出てきているのか証明した恰好ですね! 付けててよかった!

本日の走行距離 675キロ

0 件のコメント:

コメントを投稿