このサイトで人気の記事は?

2011年12月17日土曜日

バイク用ナビは、やっぱり専用品が1番! ユピテル「MCN43si」 をゲット!

しばらく、本業が忙しく更新が止まってました^_^; 気がつけば、はや年末。トホホ・・・ しかし、休みなしで2ヶ月近く働いている間でも、物欲は全然止まりません(笑)「ストレス買い」は、心の安定剤です~。

9~12月のデジモノ&バイク買い物メニューはご覧のとおり!
・・・ひどいもんです。

●バイク用ナビ:ユピテル「MCN43si」&レーダーユニット
●デジカメ用: SONY ポータブルLCDモニタ 「CLM-V55」
●電熱ウェア: KLAN「ホットインナージャケット」&電熱グローブ 
●スマホ:   サムソン 「SC-03D Galaxy SⅡ LTE」 に機種変更

この辺は、追いかけレポートしていきます!

さて、久しぶりのデジモノ物欲レポートは、防水バイク専用ナビ ユピテル「MCN43si」&レーダーユニットです。

前回、ナビソフト&スマホでのナビシステム構築を試みましたが、なんだかんだで”専用品”には勝てない・・・という当たり前の結論にたどり着きました(笑)

現在、かなり手頃な値段から様々なポータブルナビが発売されており、機能や性能から自分のシーンに合わせた製品を手に出来ます。しかし、どうしても普通の環境と違う使い勝手が求められてしまうのが、バイク用品だったりします。




【希望性能】
●防水性(しかも給電時も確実に防水されるもの)
一部の製品でも防水仕様のものはありますが、バッテリー使用時間のみだと3~5時間程度。充電・給電時は端子部分が防水されておらず、長時間&雨天時での使用は困難。
●操作性
静電気反応式の画面だと、グローブつけたまま使えません・・・(iPhoneやスマホ)。 感圧式で大きめのボタンを配しているものが理想。
●取り回し
完全固定ではなく、駐車時には即座に取り外しができるクレードル式のもの。

現状で上記を満たすのは、Garmin製「ZUMO660」と、ユピテル製 「MCN43si」のみかと思われます。
そして、最後の条件として・・・

●ナビとしての完成度
ハード面では2製品ともほぼ互角なのですが、ソフト面(ナビソフト)の性能・使いやすさでは、MAPPLEの地図を採用し、コンビニやガソリンスタンド、温泉、旅館など、ローカルへのツーリングの際に必要な情報がきちんと確認できる「MCN43si」に軍配が上がります!

という訳で、即ゲットして愛車のR1200RTに取り付けしてみました!

本来、電源はスイッチ回路につなげて、キーオン時のみ通電するようにするのが指定ですが、面倒なのでバッテリー直結です。エンジンOFFの跡、ナビを長時間つけっぱなしにしとかなければ、放電の心配も大丈夫です。

取り付け場所は、前回のスマホナビ記事の際に紹介しました、サインハウス製マウントキットを流用。
取り付けているオイルキャップ部分よりのアームマウントに、本体付属の給電用クレードルを工業用超強力マジックテープで固定しました。 裏から見るとこんな感じ。マジックテープと聞くと不安かもしれませんが、この工業用はかなりの固定能力があります!

横から見るとこんな感じ。 位置的にも、ちょうど目線に画面があり、先にあるメーター類にもかぶらない位置で合わせられます。

なぜ、こんな固定にするかというと、一つはこのR1200RTの独特のハンドルバーの形状。なかなか市販品のバーハンドル用のマウントパーツが利用できません・・・

さらに、せっかく出ているオプションなので・・・ということで別売りのコントロールスイッチも購入して取り付けました。 ハンドルスイッチ部分に車ボディー用の強力両面テープで固定。これで、走行中にハンドルから手をあまり離さなくても、地図の拡大縮小や音声の調整ができて、とても便利です!

さらにさらに、どうせ付いてる機能は使わなきゃ損!ということで、オプションのレーダーユニットもゲット!センサー部は、フロントカウルの下に両面で固定。

MCN43si自体にも、地図情報として気をつけるべき場所やエリアを表示して教えてくれるのですが、このユニットは、走行道路に点在するレーダー発信物(いろんなもの)を探知し、アラームとしてナビ画面に表示してくれます。

いろいろ、走っていますからね・・・道路には^_^;



使用してみての細かな感想はまた追ってレポートしていきますが、簡単に取りまとめてるとこんな感じ。

【いいところ】
●画面が明るく、日中でも視認性がとてもいい! 操作性も、携帯入力式の検索方法や、大きく表示されるズームボタンなど、バイクでの使用の使い勝手をよく考えて作られています。

● Bluetoothを搭載しており、ナビの案内音声や警告メッセージを、Bluetooth機能のあるヘッドマイクシステムに飛ばせるので、とても便利!
本体内部にあるマイクロSDにMP3の音楽等を入れると、音楽を聞きつつ、音声案内、警告を聞くことができる。(案内などが入ると、音楽は一度ボリュームが下がり、終わるとまた上がります)

●やはり防水は便利! 先日も帰りに雨天となった奥多摩ツーリングで 、給電しつつ朝から夜までぶっ続けで使用出来た!特に雨とかで紙製のマップを見ながら走れないシチュエーションでは、絶大な安心感があります!

●本体自体はそこそこコンパクトなので、いちいち盗難防止用のネジを閉めなければ、すぐ外せて気軽にタンクバッグやパニアに入れられるので安心。


【うーん、なところ】
●専用のクレードルへ固定する際、かなり力を入れないとストッパーが効かない。力の弱い女性や、マウント位置が高いところなどにある場合、けっこう大変だと思う。

●なぜか電源の完全オフモードがない(?と思う)。クレードルから外してもスタンバイのような状態にあり、いつの間にか本体内部のバッテリが切れてしまう・・・(取り付ければ使えるので問題ないのだが・・・)

●搭載の地図が、2009年度版(ということは実質2008年のもの)なので、新しい高速や道が入っていない。(とくにメチャクチャ困ることはないが)   アップデート方法もまだ告知されていない。

●Bluetoothの機器リンクが、一度登録したハードも電源を入れなおすと再度認識させなくてはならず、これは少し不便。

以上、いろんな面もありますが、満足度は85点以上の出来なので、他に優れたバイク用のナビが出るまで、愛用していこうと思います!

5 件のコメント:

  1. 無線機は バーテックスのFTM10Sをお使いみたいですが、ユピテルのブルーツースヘットセットとのマッチングはいかがでしょうか?

    返信削除
  2. 書き込み、ありがとうございます。

    ご質問のインカムは、ユピテル製 アトラスブルートゥースヘッドセット3ch [ HD-BT3 ]かと思います。

    私はこの記事時点で、サインハウス製 B+COM SB213 EVO、現時点で後継機種のB+COM SB4Xを使用しており、ご質問の機種との併用は体験しておりません。

    バーステックスのFTM-10Sサイトには対応インカムが表記されていないので、ユピテルの方に問い合わせてみると良いかも知れませんね(^_^;)

    あまり参考になるお答えができずに、スイマセン。

    返信削除
  3. YOU TUBEの画面をぺージに貼り付け表示する方法を教えていただけませんか?URLのリンクは出来るのですが、・・・・よろしくお願いします。

    返信削除
  4. こんにちは。
    コメントの書き込み、ありがとうございます。

    ページヘのYouTube動画の貼り付けですが、

    1)動画のYouTubeページヘ行く。

    2)再生画面の下方(タイトル名のさらに下の方)に「概要」「共有」「追加」等のメニューがあります。

    3)「共有」を押すと、この動画へのショートリンクアドレスが表示される画面になります。

    4)画面中に「この動画を共有」「埋め込みコード」「Mail」「ビデオハングアウト」のメニューが表示されます。

    5)「埋め込みコード」を押すと、動画へのリンクが含まれたHTMLコードが表示されます。

    6)ブログページの仕様・好みに合わせて、ソースの下方にある「動画のサイズ」で再生サイズを選択、または自分で設定すると、それのサイズに合わせたコードに書き換わります

    7)ご自身のブログの埋め込みたい場所(列)に、コピペしてコードを書き込みます。

    以上の作業となります。

    ネットにも「YouTube 埋め込み」等で検索すると、詳しく説明しているサイトもありますので、そちら等も参考にしてみてください。

    返信削除
    返信
    1. 大変参考になりました。そのとおりやりましたところうまく貼り付けることができました。ご親切に有りがとうございました。

      削除