このサイトで人気の記事は?

2011年5月5日木曜日

2011年GW 会津~新潟~長野ツーリング その1

今年のGWは、様々なことが重なって、今までと少し違う様相の連休となりました。

連休直前で、各地の宿泊施設は一気に満杯。

高速も、最後の休祝日1000円ということで、予想を上回る混みっぷり・・・だそうですが、それを先読みして旅するのがバイクツーリング。人の移動の反対、いない時間に進むのが極意です。

今年は、会津~新潟~長野を反時計方向に廻ることで、普段はあまり足が向かない中越方面へとアプローチしました。





1日目

朝5時に東京をスタート。 東北道を一路、福島方面に向けて進みます。
途中、同じく東北方面に向かう自衛隊車両や重機を載せた大型トラックが朝早くから走っています。

東北道は全く混まず、このまま進むと10時前に会津若松に到着予定。しかし、地震の影響を受けた仙台が気になります。様子を知りたく、そのまま進路を仙台へ。
すでに高速は全開通していましたが、白河を過ぎた頃から路面の凹凸や歪みが多くなり、段差注意の案内が多数路肩に置かれています。ガードレールも歪んでおり、地震の大きさを早くも知ることに。仙台南ICから、仙台南部有料を経て松島方面へ。

高速から見える一面の光景。
何もありません。・・・何も。 これ以上は書く言葉がありません。
少しでも早く、この地が元に戻ること・・・それすらを思うのも憚るような光景でした。
松島より、再び進路を会津に向けて東北道を南下。

途中、陸上自衛隊のトラック群が同じく走っていました。荷台幌の中に座る隊員のみなさんが一様に身体を崩し、俯く姿が現地の作業の困難さを強く感じさせる光景でした。本当に、心より感謝です。

そのまま、夕方には会津若松市内に到着。


鶴ヶ城に向かいました。 城公園内は、咲き誇る桜を楽しむ数多くの観光客の姿で溢れていました。本当に心に染み入る桜の色でした。 バイク乗りの方も多々見かけ、お互いに記念写真を撮り合い、各地の道路状況の情報交換をしました!


初日は、そのまま会津坂下まで走り、只見川を上流に上って柳津温泉に宿泊。

女将さんより、地震当日のお話や現在の様子を色々と教えていただきました。しかし、1日でも早く地域を復興させようとする意気込みが、とても強く感じました。


翌日は、この温泉街一番の見所であり、開山から1200年となる「福満虚空蔵尊圓蔵寺」を朝からお参り。 ここが、この辺りの玩具「赤ベコ」伝承の地だと初めて知りました。


2日目

ツーリング2日目は、柳津温泉を出発して、49号線を山越えして新潟県へ移動。
行程上、2日目はあまり距離を稼がず、ゆっくりトコトコを楽しみます。2日は天候も悪く、激寒の中の走行となりました。

新潟に入ったところで、新潟市内に帰省中のツーリングチームのメンバーに地元の案内をしてもらいました。
まずは、この辺りの豪農休暇を移築して建てられている「北方文化博物館」を見学。
かなり広い敷地内に、武家屋敷にも劣らない豪華な造りの建物を見学。けっこう時間をかけて館内を見学しました。

なぜか、トキの剥製もあります(笑)

ちなみに、どうもツーリングマップル、ネットを駆使しても新潟はツアーポイントが少なく、あまり時間を急がずにゆっくりと回るのが良いようです。

その後は、新潟市街まで出て港や公園を回り、そのまま402号線を海岸沿いに進み、2日目の宿泊地 弥彦温泉へと向かいました。
もう少し暖かければ、夕日が沈むまで海岸で待とうと思いましたが・・・あまりの極寒振りに全然ムリ! 日本海の波も、けっこうな荒れっぷり。

早々に、2日目の宿泊地 新潟県 弥彦温泉の宿に入りました。

弥彦温泉は、この近辺の湯治場、そしてここにある彌彦神社詣での街として、越後で古くから人を集める伝統ある温泉地です。 ツーリング前半は、この地で一休みです。

0 件のコメント:

コメントを投稿