このサイトで人気の記事は?

2011年4月24日日曜日

バイク用Bluetoothインカム 「B+COM SB213 EVO」 ツーリングデビュー!

ゴールデンウィークまであと一週間。 そろそろ、遠出のスケジュールを固めないとヤバイかな・・・。毎年、この時期は東北方面にアプローチしていただけに、残念です。

さて、先日ゲットのバイク用Bluetooth対応ヘッドセット 「B+COM SB213 EVO」、本日ツーリングデビューとなりました。

今日は、ツーリングチームの友人と、川越~秩父~小鹿野~佐久穂と抜ける日帰りツーリングです。 朝5:50に起きて、荷造りを早々にして、まずは B+COMと車載のFTM-10SとのBluetooth認証です。

オイラのバイクに搭載したFTM-10Sは、ハンドルにマウントしているコントローラー部分にBluetooth用の基板ユニットを接続しています。(FTM-10Sは機構上、このコントローラーとは別体の本体部にもBluetoothユニットを搭載できます)

まずは、FTM-10Sの方をBluetooth認証モードにします。コントローラー左側にあるVOL/SELボタンを押しながら、電源を入れます。
すると無線機の基本設定メニューが表示されるので、Bluetoothユニットをセットした側(オイラのはフロント”F”)をセレクトボタンで呼び出し、回転式ボリュームボタンの左側真ん中にある▲ボタンを押します。

次に、認識させる対応機器との認証用となる4桁のPINコード設定画面となるので、回転ボタンを回して認証コードを”0000”に設定します。

すると、FTM-10SがBluetooth機器の信号検知状態になるので、ヘルメット側のB+COMの電源ボタン(銀色のボリュームスイッチ)を約5秒間押しっぱなしにします。

すると、本体のLEDが赤青に連続して点滅する「認証モード」になるので、約5秒ほど無線のコントローラー部分の近くに置きます。 認証されると、FTM-10Sのモニタにコネクト終了の表示され、設定作業が終了です。

確認のため、両方の電源を一度オフにて、FTM-10Sの電源を入れ、続いてB+COMの電源を入れると、まずFTM-10Sのモニタに「LINK OK」の表示が出て、続いてヘルメット側のスピーカーから、接続完了を伝えるピーピロ音が流れて、接続が確認されます。

まずはFTM-10SをFMラジオの設定にすると、「おぉ~!」ちゃんとFMが聞こえていきます!成功です。

 さて、前機種「COOLROBO」との比較です。

音については、正直 COOLROBOより中域から高音域がきれいに聞こえます!
これは、まずCOOLROBOに比べて、ボリュームの設定段階が多く、好みの音量に設定しやすいこと、そしてヘルメット内部に設置したイヤースピーカーの性能差がまずは大きいと思います

オイラ的にツーリングの音楽として、「I've」サウンドが多く(最近は、MELLです。笑)、女性ボーカルで抜けるような声質の曲は、クールロボでは中域より下側の音声帯域でないと聞こえにくかったため、 けっこうボリュームを上げないと聞こえにくかったのですが、B+COMではイントロの細めの旋律や、吐息に近いボーカル音声が聞き取りやすいです。

さらに調子に乗って、FTM-10Sの音声調整を、”NORMAL”から”高音域最大の”HIGH2”にすると、一般道で走りつつ、極小ボリュームでも綺麗なボーカルが聞き取れました。 すばらしい!
(勿論、各ユーザーのバイク、マフラー音、ヘルメットにより異なると思います)

逆に、ロック調の低音のきいた曲は、すこしパンチが抜けてしまうので、再生プレーヤーのグライコや、FTM-10Sの音調設定を変える必要がありそうです。

無線機の交信でも、友人の音声は明らかにCOOLROBOより聞きやすく、やはり全般にクオリティは高い!と断言させて頂きます。 旧来の有線式の無線ユニットや、初期のBluetoothヘッドセットをお使いの方、買い替えを検討される価値は充分です。

さてさて、ツーリングの方は、まずは羊山公園で綺麗な芝桜を堪能。まだ、朝早く到着したので、シーズンですが落ち着いて一面の芝桜を堪能できました。


その後、「バイクの街」小鹿野を超えて、299号線へ。
岩肌にいくつもの恐竜の足跡が残された、お馴染みの「恐竜の足跡」壁面がある道側で一休み。そこにある茶屋の傍らで、一途に石を砕いて貝の化石を発掘していた方に、化石のことを教えていただきました。

「これ(化石発掘)は浪漫なんですよ!」との夢のあるお言葉を頂きました! そうです、男のロマンです!


その後上野村を抜けて、地震の後遺症であろう岩崩れが多発していた299号を線を一路 佐久穂へ。

その後、微妙に激寒の佐久から上信越~関越で夕方までに無事ツーリングを堪能しました。
そうそう、このツーリングで、新デジカメ「DSC-HX100V」もデビューです!
また、堪らない一年になりそうです。

0 件のコメント:

コメントを投稿