このサイトで人気の記事は?

2011年4月6日水曜日

ニューカマー、いらっしゃい!

本日は、こんな時期に急な風邪で絶不調でした・・・ 意外に疲れてたかな?・・・何が?

さてさて、こんな日は無理をせず、早々に帰宅して布団に入って休むべし!と思った帰り道。
「おぉ、今日なんか電話あったよな。」と思い出し、駅前のドコモショップへ。

そう、家電量販店ではしばらく無理、と考えて、駅前のドコモショップで入荷連絡をお願いしておりましたアレが入っている!との連絡が朝方あったのです。

それは、「Xperia arc」です~♪

病院に行くか、ドコモに行くか? 悩んで12秒でまずはドコモへふらふらと入店(爆)聞けば、あるのはシルバーとピンク。 黒はいつ入荷するか判らないとのこと。現機種が黒だし、無難な黒かな~?と思い、今回は見送ろ!と考えたが、念のためシルバーを拝見。

「うん、カッコいいじゃん!」と、さっさと方針変えてシルバーで手打ちです。人生、あんまり悩まない。どうせ、あとからカバーとか付けて、本体色なんてよく判らなくなるんだし・・・

とはいえ、身体も怠いので、機種変更手続きの間に、病院にて軽く診察して頂き、喉と咳の薬をもらってきました。 帰宅後、設定する余力はすでになく、まずは5時間ほど睡眠・・・。

おしっ!気力戻ったところで、ご開帳です!


前機種のXperiaと比べると、けっこうコンパクトで普通の箱です。 この中に、本体、バッテリ、USB接続のACアダプタ、USBケーブル、そしてイヤフォンが付属品として入っています。
では、本体を取り出してみましょう。


うーん、確かにCMのとおり薄い!そして、微妙に背面が海老ぞっている!前機種からたった1年でこんなに進化するもんなんですかね。 よくみると、充電&データ接続用のUSBは、ボリュームボタンの上部、つまり本体の右側面にきています。 


では、お約束の前機種との2ショットです。
スペック通りですが、前機種が4.0型の液晶だったのに比べ、4.2型にサイズアップ。SonyブランドのTV「ブラビア」の名を冠した液晶で、非常に高輝度、ハイコントラストな画面です。

注:左側 前機種が暗く見えるのは、360度向きののぞき見防止液晶が貼ってあります

では続いて、他のガジェット系レビューではあまり見られない、珍百景です。
無限バッテリーの大容量バッテリ&対応裏蓋を装着してある「極太」Xperiaと、「極薄」Xperia arcの側面からの2ショットです。

うーむ、軽く3倍はありますね。まぁ、これはこれで長時間楽々の使用時間を得るための、ナイスなバッテリなのですが・・・(笑)  つづいて、裏側の2ショットです。

今回、Xperia arcで設定されている銀色「ミスティ・シルバー」は、他の黒・ピンクと違い、若干ざらついた表面処理がされています。 グリーンの「Sony Ericsson」のロゴが、綺麗に生えます。 やはり、シルバーで正解だった!


本体上部側に配されているカメラには、ソニー製の裏面照射型CMOSセンサー“Exmor R for mobile”が使われており、暗いところでの撮影に有利なスペックとなっています。

本日は、ひとまず外観までのリポートです。 この後、電話帳、アプリ、SPモードのメールデータ等々、使用環境の移行が待ってます・・・。ちょっと、大変かも・・・。 いや、ちょっと大変だった・・・。 いや、大変です。

続報、お待ちください。

0 件のコメント:

コメントを投稿