このサイトで人気の記事は?

2011年3月26日土曜日

「食中毒への道」を読んでみた

雨である。 外に出るのはかなり気が引ける雨である。

こんな天気になるのは昨日から判っていたので、Amazonでポチっておいた本が届いた。

様々な危険状態の食事体験が投稿されているサイト【食中毒への道】が、本になった。

ここには、軽く賞味期限を過ぎた食品から、はるかに消費期限を超えた保存食、さらには天然由来の食品(生物系)等、本人は望む望まないに関わらず体験してしまった食事が掲載されている。

なかなか、読書には勇気がいる一冊である。

こんな時だからこそ、普段はあまり気にしていない食品への、畏敬の念を感じることが出来るのではないだろうか…。 無論、この手の話の苦手な人は読むのは止めた方がいい。

【食中毒への道】 著 ドンタコスとゆかいな仲間たち

0 件のコメント:

コメントを投稿