このサイトで人気の記事は?

2011年3月30日水曜日

金八先生、すげぇ!まるでミカン箱

先日放送されました「金八先生 ファイナル」。

思わず見始めたら、そりゃあ泣いた泣いた。
未だに中島みゆきの「世情」が流れたら、条件反射で涙ウルウルです。

で、今回登場したのが、「3年B組金八先生 DVDコンプリートBOX」です。

今まで放送されたTVシリーズやスペシャルがこれでもかぁ!、と収録されて、
収録時間10,000分  DVD 85枚組 です。


いやぁ、パッケージ業界にそこそこ仕事してますが、こんなスペックはなかなかお目にかかれない。
まともに観て、何年かかるのか? 想像もつきません
 完全に親戚から送ってもらっても食べきれない「ミカン箱」みたいです。


もちろん、値段も金八っぁんは二味違う。
223,125円(税込)

 なんせ、値引き率がすごいAmazonさんで買うと、26%値引き分で、58,012円オフ!
これだけで、4クールTVアニメのブルーレイBOXがひとつ 買えるほど、パワフルな価格です。


誰か買ったら、ぜひ貸してください(笑)

・・・そういえば、なぜかこのファイナルスペシャル、卒業式には88年放送の第3シーズンからは、誰もゲストが出てこなかった。 今、テレビに出ると困る人、出てきて欲しくない人がいたからなのかな??


この夏、電気を確保せよ!

やっと、暖かくなりました。

この夏の電力供給量が、2011年7月にはピーク時の約2/3程度までしか確保できず、計画停電が今にも増して増えることが見えてきました。

多分確実に、「寝る時にはエアコンが使えない」、「いきなりPCが使えなくなる」、「携帯が充電できない!」という状況が多発するのでは・・・との予感。

水や食料の備蓄ももちろん大切ですが、デジモノ好きとしてはこの夏の電気確保も重要な課題となってきました。さぁ、どうするか??

もちろん、最初に思いつくのは、そこそこの発電&蓄電容量を持つアウトドア用のソーラー発電キットです。野外でキャンプしながら、ドリンククーラーやラジオ、テレビも使用できる優れものです。

ソーラーポータブル独立電源システムPG-SE500N




一晩中、ネットで探し回ったが全然在庫がありません。 品切れた時期を調べると、地震直後の電力不足とライフラインが危ない!」と言われた3月中旬頃に一気に無くなっているようです。

しかし、まだアイテムはある!

昨年の高速道路 土日1000円が始まってブームとなった、車中泊。その頃に、車搭載用として注目を浴びた、これだ!

ポータブル電源 セルスター PD-350





・・・どこにもない。

さすが、一般のご家庭が捜す緊急電源だと、このレベルではみんなすぐ見つけて無理か・・・。ならば、一歩踏み込んでここまでいってみようか

●自動車用 12V ディープサイクル式バッテリ
・普通のバッテリと違い、蓄電量ギリギリまで使用可能! 蓄電能力は、前出のポータブル形式と比べて段違い!

● ディープサイクル式対応 充電器
・家庭用コンセントからワニ口経由で、5~8時間かけて充電可能

●正弦波インバーター
・バッテリに蓄電されているDC12/24Vを、AC100Vに変換するコネクタ。これがあれば、家庭用電気製品を使用できる。無論、バッテリ容量とインバーターの対応ワット設定ランクにより、約120~600Wまでの物が使用可能となる。


アマチュア無線や、ヨットとかのマリンスポーツをしている方は、割と当たり前の装備ですが、一般の人で電気欲しさにここまでする人は、あんまりいない(・・・と思う)

しかし、このお買い物、一番クセモノなのが正弦波インバーター。

平均価格が3万~、性能と価格が完全に比例するため、夏場に扇風機つけながらノートPCを使う・・・という生活を夢見ると、合計で軽く10万円を超えることに。


しかし、早く決断しないと、このアイテム類もどんどん在庫切れが始まっている!
誰だよ!こんなモンまで買っていくのは!? ・・・あぁ、オイラみたいな人たちか・・・(涙)

この夏は、厳しそうである・・・

2011年3月27日日曜日

知っておくことが大事です

地震から2週間。

TVの話題は、地震から原発事故に移ってきています。
原発が持っていた欠陥や、運営する東京電力の内部体制など、指摘する話題はつきません。

天災か人災か、それはこの局面を乗り切った後、ハッキリさせれば良いです。

しかし、思い出さなければならないのは、今回の震災のほとんどは原発事故を含めて津波によって引き起こされた、という事実です。東北沿岸の光景は、かつて誰も予想したことがないものでした。
そしてそれは、これからも再発する可能性が全国にある、という事実があるのです。

そこで今日見つけたのが、このマップ。左上の変更できる数値は、推移の変化です。


試しに、今回と同じ7メートルという推移で関東近辺を見てみると・・・ドボンです。 オイラが住んでいる、東部エリアは完全にアウトです。

もともと東京地区は、都内を流れる川の高さより標高が低いエリアも多く、津波が上陸しなくても、台風で川の水位が少しでも上がっても、堤防決壊して水浸しになります。


この地図見てアウトだったから引っ越す!、というのは無理でも、こういうことが起こると想像して、準備をしておくことは誰でも今から出来ます。

「今までセーフだったから大丈夫!」という考えが、人災を起こす。 
これが今回から得た一番大事な教訓だと、オイラ的には思っています。

全国は神社だらけです

日本国内をバイクで走る。

全国のいろんな観光地や景色を求めて走るが、その目的地や観光の1/3近くが、神社やお寺が多い。

伊勢神宮

もちろん、普段からはそんなに信心深くはない。

ただ、必ずと言っていいほど、バイクで走る先には神社やお寺があるのである。一般に、全国には約8万近くの神社があると言われている。この狭い国に8万である。そりゃあ、行く先々にはあるのは当たり前だ。





当然行くからには、きちんとお参りもするし、お守りも買ってくることも多い。
お参りすれば、それだけ安全に旅から帰って来れる気もする。
 


しかし、いつもツーリングの成り行きでお参りすることも多く、その神社の殆どに、 どなたが祭ってあるか、またその所以も知らずにお参りしている・・・。失礼なことである。

最近、パワースポット・ブームもあり、女性が全国の社寺を巡るのがブームらしい。
そんな女性の視点で、様々な神社をお参りした体験談を イラストコミックでまとめた「日本全国ゆるゆる神社の旅」を読んでみた。

女子力アップを求めて、イラストレーターの著者が全国33ヶ所の神社をお参りした楽しいレポートになっていて、堅苦しくなく楽しめる、面白い本です。

著者は相当な”雨女”らしく、行く先々で降られまくっていますが、うちのツーリングチームにも負けず劣らずの女子メンバーがおります・・・。困ったもんだ(涙)